actions

プラザホテル

テンプレート:Infobox NRHP

ファイル:Plaza hotel.jpg
プラザホテル
(北東側より)

プラザホテルPlaza Hotel)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある高級ホテル

概要

1907年に建築された。セントラルパークの東南の角に位置し、正面玄関は広場(名前の由来となったグランド・アーミー・プラザ)を介して5番街に面する。

1943年にヒルトンが購入したのち、1955年にレストラン・チェーンのチャイルズが購入[1]。フレンチ・ルネッサンス・スタイルの建物は1969年にニューヨーク市歴史建造物保存委員会のランドマークに指定され、1986年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。1988年にドナルド・トランプが購入したが、1995年に投資家のトロイ・リチャード・キャンベルに売却し、2004年にイスラエルの不動産企業El-Ad Groupが購入し、改装工事のため2005年5月より休業中であったが、2008年3月1日よりフェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツの運営でホテル営業を再開した。2012年にはインドの大富豪サブラタ・ロイ(Subrata Roy)が75%の株を保有したほか、サウジアラビアの王族アル=ワリード・ビン・タラールも株主である。ロイは、2014年に投資家への未払いにより逮捕され、プラザホテルを含む株の売却を検討している。

再開後は高級コンドミニアムが主体の構成となり、ホテル部分は大幅に削減された。特にセントラルパークを望む北側部分に関しては、その多くがコンドミニアムに変更され、分譲販売された為、客室でセントラルパークを正面に眺められる部屋は殆どない。レギュラールームでは皆無である。

エピソード

1970年4月24日、このホテルで訪米中だった中華民国行政院副院長の蒋経国(1978年から中華民国総統)が台湾独立主義者に狙撃される暗殺未遂事件の舞台になった。

1985年9月22日に、このホテルで合意された先進5ヶ国会議で決定されたドル安政策は、ホテルの名にちなみ「プラザ合意」と通称されている。

映像作品にも度々登場し、『裸足で散歩(Barefoot in the Park)』(1967年)、スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』や『ホーム・アローン2』(1992年)など、様々な作品に登場する。

『ホーム・アローン2』では、主人公のマコーレー・カルキン演じるケビン・マカリスターが親のクレジットカードを使い1人で宿泊するというシーンがある。また当時のオーナーであったドナルド・トランプがカメオ出演している。

脚注・出典

  1. Old New York: The Plaza HotelCommercial Observer, Oct. 14, 2014

外部リンク