actions

プテレラーオス

プテレラーオス古希: Πτερέλαος, Pterelāos, ラテン語: Pterelaus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してプテレラオスとも表記される。タポスを含むエキーナデス群島の王。

ペルセウスの子メーストールの娘ヒッポトエーと海神ポセイドーンとの間に生まれたタピオスの子。クロミオス、テュラノス、アンティオコス、ケルシダマース、メーストール、エウエーレースと[1]、1女コマイトーの父[2]。あるいはポセイドーンの子で、タピオスとテーレボエースの父[3]。またイタコス、ネーリトスという息子もいた[4][注釈 1]

ポセイドーンに植えられた黄金の毛髪が失われないかぎり不死であったといわれる[1]

神話

プテレラーオスの子供たちはミュケーナイエーレクトリュオーンのところにやって来て、先祖のメーストールの土地を要求したが、拒否された。彼らは怒り、エーレクトリュオーンの牝牛の群を奪おうとして戦いになり、リキュムニオスを除くエーレクトリュオーンの子供たちを殺したが、彼らもエウエーレースを除いて殺された[5]

これが原因で、プテレラーオスはアムピトリュオーン率いるテーバイアッティカアルゴスポーキスの軍勢の報復を受け、エキーナデス群島の多くを奪われたが、タポスのみは不死のプテレラーオスが守り抜いた。ところが娘のコマイトーがアムピトリュオーンに恋をし、彼のためにプテレラーオスの黄金の毛髪を抜いたため、プテレラーオスは死んでしまった。これによってアムピトリュオーンはタポスを陥れ、父を裏切ったコマイトーを殺し、武将のケパロスヘレイオスに占領した島々を与えた[2]

系図

テンプレート:ヘラクレスの系図

脚注

注釈

  1. この2人はイタケー島の古王で、『オデュッセイア』にイタコス、ネーリトスに加えてポリュクトールの3人の名前が、イタケーの泉の創設者として挙げられている。

脚注

  1. 1.0 1.1 アポロドーロス、2巻4・5。
  2. 2.0 2.1 アポロドーロス、2巻4・7。
  3. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.217b。
  4. アクーシラーオス断片(『オデュッセイア』17巻207行への古註)。
  5. アポロドーロス、2巻4・6。

参考文献