actions

ブレムガルテン・サーキット

ブレムガルテン・サーキット(Bremgarten Circuit)はスイスの首都ベルン郊外、森の中にあったサーキットストレートがほとんどないコースレイアウト。 1955年ル・マン24時間レースで、事故が起こった後、スイス国内でモータースポーツを禁止したため、現在は使われていない。

コースレコードは169.59km/hであるが、これは戦前のドライバーだったベルント・ローゼマイヤーアウトウニオン)が1936年に750kgのフォーミュラ・マシンで記録したものであり、戦後5回開催された世界選手権グランプリでは破ることができなかった。

関連項目