actions

ブランド・コミュニティ

ブランド・コミュニティ(Brand community)とは、ブランドのファンの間で社会的な関係でつくられた集合をもとに、特定化された、地理的な制限がなくつくられたコミュニティであり、特定のブランド化された商品やサービスを囲んだコミュニティである[1]商学経営学の分野で研究が進んでいる[2]

概要

従来は消費者と商品ブランドとの関係は一対一と考えられてきた。しかし、現代社会の消費社会の進展によって、特定の商品やそのブランドに対しての消費行為によって、そこでの集団に対しアイデンティティの感覚を見出している。こうして消費者同士で結びついたのがブランド・コミュニティである。これは従来の関係性を変えて、消費者と企業、他の消費者という関係から構成される。商業的製品を軸にしたコミュニティだが、コミュニティの成員、メンバーと一般的な消費者との区別を考える必要がある。そこでブランド・コミュニティとして識別するための三つの要素があるとされる。それらは同類意識、儀式と伝統、道徳責任の感覚の三つである[3]。この三つの要素である同類意識、儀式と伝統、道徳的責任は、ブランド・コミュニティにおけるメンバーの結束を高めて、ブランド・コミュニティを維持していく機能を果たしている。

同類意識

ここでの同類意識とは、ある特定のブランドが好きであるという意識をもったメンバーが、ブランドに対する結びつきだけでなく、互いに強い結びつきを感じることである。メンバーは、当該ブランドと他のブランドとの間の確固とした境界を意識する。競合相手のブランドを意識することで、互いの絆は強まる。

儀式と伝統

ここで言う儀式と伝統とは、メンバーがそのブランドの歴史の賞賛やブランド・ストーリー、またコミュニティのしきたりなどを共有すると同時に、コミュニティの内外にそれを伝達することである。

脚注

  1. 石井淳蔵水越康介編(2006)『仮想経験のデザイン―インターネット・マーケティングの新地平―』有斐閣
  2. 福島秀隆(2013) 「ブランド・コミュニティの形成・維持・発展と企業アプローチに関する一考察」、商大ビジネスレビュー、2:139-154
  3. Muniz, Albert M. Jr. and Thomas C. O’Guinn(2001), “Brand Community”, Journal of Consumer Research, Vol.27, No.4, pp.412-432