actions

ブッダガヤ

テンプレート:Infobox Indian Jurisdiction

ブッダガヤサンスクリットBuddha-gayā、ヒンディー बोधगया)は、インドビハール州ガヤー県の都市。仏陀伽耶[1]ボードガヤー(Bodhgaya)[1]あるいはボード・ガヤー(Bodh Gaya)、単にガヤー(Gaya) とも表記する。

釈迦如来)の成道(悟り)の地として有名な八大聖地の1つで、仏教では最高の聖地とされている。また、ヒンドゥー教における寺院でもあり、マラーター王国の宰相バーラージー・バージー・ラーオといった権力者も訪れている。

概要

インド東部、ビハール州、ネーランジャヤー(尼蓮禅)河のほとりにある[1]。ブッダガヤには、中心にあるブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディ寺)と、そのまわりにある各国各宗派の寺院(例としては中国寺、日本寺、ネパール寺など)がある。

マハーボーディ寺の中には、その本堂である高さ52mの大塔と、ゴータマ・ブッダが成道したときに座っていた金剛宝座と、成道したときにその陰にいたゴータマ・ブッダの菩提樹、沐浴の蓮池がある。

2013年にはブッダガヤ爆弾テロ事件が起こされている[2]


出典・脚注

関連項目

テンプレート:Buddhism-stub テンプレート:India-stub テンプレート:Hinduism2