actions

フレデリック・セシジャー (第2代チェルムスフォード男爵)

第2代チェルムスフォード男爵フレデリック・オーガスタス・セシジャー: Frederic Augustus Thesiger, 2nd Baron Chelmsford, GCB, GCVO1827年5月31日 - 1905年4月9日)は、イギリスの陸軍軍人、貴族。

大英帝国最盛期の軍人として世界各地の戦争に従軍。とりわけ南アフリカズールー戦争の指揮を執り、ズールー王国を征服したことで知られる。最終階級は大将(General)。

経歴

1827年5月31日、後に初代チェルムスフォード男爵に叙されるフレデリック・セシジャーEnglish版とその妻アン・マリア・ティンリングの間の長男として生まれた[1][2]

イートン校を卒業[2]1844年に陸軍に入隊。1850年にはグレナディアガーズの大尉(Captain)となる[2][1]。1854年のクリミア戦争に従軍し[2]、1855年にはセヴァストポリの戦いに参戦した[1]1858年第95歩兵連隊English版の中佐(Lieutenant-Colonel)に昇進した[2][1]

インド大反乱の鎮圧戦に参加し、1861年にはインド高級副官English版代理に就任。1863年には名誉進級大佐(Brevet Colonel)になる[2][1]1867年から1868年エチオピア侵攻English版にも従軍した[2]1868年から1877年にかけてはヴィクトリア女王の副官(Aide-de-Camp)を務めた[2]1869年から1874年にかけてはインド高級副官に就任[2][1]1877年に少将(Major-General)に昇進し、オールダーショットの第1歩兵旅団の指揮官となる[2][1]

その後、大英帝国植民地南アフリカに赴任し、1878年から1879年にかけて喜望峰総督(Lieutenant-Governor of the Cape of Good Hope)を務めた[2][1]。1878年10月には父の死によりチェルムスフォード男爵位を継承し、貴族院議員に列する[3]1879年1月には英領ナタール植民地English版高等弁務官English版サー・ヘンリー・バートル・フレアEnglish版の命を受けてチェルムスフォード率いるイギリス軍がズールー王国へ侵攻した。しかしイサンドルワナの戦いEnglish版で1600人もの戦死者を出して敗走。現地英軍は危機的状況に陥ったが、4月から5月にかけてサー・ガーネット・ウォルズリーEnglish版将軍率いるイギリス本国からの援軍が到着。総指揮権はウォルズリーが握ることになったが、チェルムスフォードはその部下としてズールー王国侵攻の陣頭指揮を執った。7月までにズールー王国首都を陥落させ、国王セテワヨ・カムパンデを捕虜にすることに成功した[4][5]

その後は名誉職に多く在職し、1884年から1889年にかけてはロンドン塔管理副長官English版1898年から1900年にかけてはシャーウッド・フォレスターズEnglish版名誉連隊長、1900年から1905年にかけてはライフガーズ第2連隊English版名誉連隊長を務めた[2][1]

階級は1882年に中将(Lieutenant general)、1888年に大将(General)に昇進している[2][1]

1905年4月9日ロンドンで死去した[2][1]

人物

大英帝国最盛期の軍人としてカナダ、インド、エチオピア、南アフリカなど世界各地で軍務についた[6]。イギリス軍指揮官は怒りっぽい人が多いが、チェルムスフォードは控えめな人柄だったので異色の存在だったという[7]

栄典

爵位

1878年10月5日に父の死により以下の爵位を継承した[2][1]

  • エセックス州におけるチェルムスフォードの第2代チェルムスフォード男爵 (2nd Baron Chelmsford, of Chelmsford in the County of Essex)
1858年3月1日勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章

家族

1867年にイギリス陸軍少将ジョン・ヒースの娘アドリア・ファニー・ヒース(1846年-1926年)と英領インドで結婚した。彼女との間に以下の6男を儲けた[1]

脚注

注釈

出典

参考文献

  • モリス, ジャン 『ヘブンズ・コマンド-大英帝国の興隆(下)-椋田直子訳、講談社、2008年。ISBN 978-4062138918。
  • 『英米史辞典』 研究社、2000年(平成12年)。ISBN 978-4767430478。

外部リンク

軍職
先代:
ヘンリー・ロングデンEnglish版
インド高級副官English版
1869年1874年
次代:
エドウィン・ジョンソンEnglish版
先代:
サー・ダニエル・リーソンズEnglish版
シャーウッド・フォレスターズEnglish版
名誉連隊長

1898年–1900年
次代:
サー・マーク・ウォーカーEnglish版
先代:
第3代ハウ伯爵English版
ライフガーズ第2連隊English版
名誉連隊長

1900年–1905年
次代:
初代グレンフェル男爵English版
イギリスの爵位
先代:
フレデリック・セシジャーEnglish版
第2代チェルムスフォード男爵
1878年–1905年
次代:
フレデリック・セシジャー