actions

フリヴニャ

гривня
ISO 4217
コード
UAH
中央銀行 ウクライナ国立銀行
 ウェブサイト www.bank.gov.ua
使用
国・地域
ウクライナの旗 ウクライナ
インフレ率 12.8% (2007年)
 情報源 CIA World Factbook, 2008年
ERM
 開始日 1996年9月2日
補助単位
 1/100 コピーイカ (копійка)
通貨記号
硬貨 1・2・5・10・25・50コピーイカ
1フリヴニャ
紙幣 1・2・5・10・20・50・100・200・500フリヴニャ

フリヴニャウクライナ語: гривняフルィーウニャ[ˈɦrɪu̯nʲɑ][1])は、ウクライナ通貨単位。

国際通貨コード(ISO 4217)は「UAH」。ウクライナ語の略称は「грн. (hrn.) 」。補助単位はコピーイカ (копійка) であり、1フリヴニャ=100コピーイカである。通貨記号は、「10px」(キリル文字Г」の筆記体に横二重線を重ねたもの)である。

歴史

20世紀まで

フリヴニャは11世紀キエフ大公国で通貨として使われていた(グリヴナ)。これは、ルーシ全体の通貨であったとされる。

フリヴニャはスラヴ語grivaから派生している。現在ではフリヴニャはたてがみという意味であるが、もとはサンスクリットに由来する言葉で「」という意味であった。同様にして、そこからフリヴニャは、で作られた首の周りに着用される装飾品を指し示すようになり、転じて一定の重さの金塊か銀塊を示すことになった。当時は他にもノガタ、クナ、ベクシャの3つの補助単位が使われていた。ノガタ (nogata) はのような大きな動物の毛皮を意味し、クナ (kuna) はテンなどの小動物の毛皮を意味している。最も小さなベクシャ (veksha) はリスの毛皮を意味している。

ロシア帝国時代は、ウクライナではカルボーヴァネツィと呼ばれたルーブルが通貨単位として用いられた。ウクライナにおけるルーブリは、それまでのフリヴニャに新たに名称を与えるという形で現れた。のち、ズロトニクなど帝国共通の単位が用いられるようになった。

ウクライナ内戦期

1917年に成立したウクライナ人民共和国では、共和国成立以前からウクライナ中央ラーダによって新しいウクライナの通貨の選定が行われていた。最初に採用されたのはカルボーヴァネツィで、1917年7月18日に決定された。これは、ロシアの通貨単位ルーブリのウクライナ名がカルボーヴァネツィであったことを考えれば、ウクライナが独自の通貨を定めることにより自国の独自性を強調すると同時に、ロシアとの連携関係も重視していたことを意味していると考えられる。補助単位としてはシャーフが採用され、200シャーフで1カルボーヴァネツィとされた。

しかし、十月革命ボリシェヴィキが政権を奪取すると、それを非難したウクライナとソビエト・ロシアの関係は急激に悪化、ウクライナ・ソビエト戦争が開始された。12月19日には100カルボーヴァネツィに相当する単位としてクピュラが制定された。1918年1月、赤軍によって首都を追われたウクライナ政府はドイツ帝国と同盟することで首都を奪還した。

こうした中、3月1日には、新たな通貨単位としてフリヴニャが選定された。補助単位としてはシャーフが用いられた。この単位は、100シャーフおよび1/2カルボーヴァネツィに相当するとされ、2、10、100、500、1000、2000フリヴニャ紙幣が発行された。これらは、ドイツで造幣された。

4月のヘーチマンの政変によって成立したウクライナ国では、カルボーヴァネツィとクピュラ、シャーフが基本単位として用いられた。12月にディレクトーリヤが政権を奪取しウクライナ人民共和国を復活させると、基本単位はフリヴニャに置かれた。しかし、1919年10月までカルボーヴァネツィの発行は続けられた。その後、ウクライナ人民共和国は戦争に敗れて壊滅し、政府は海外へ亡命した。

ソ連時代

ソ連時代、ウクライナではソ連カルボーヴァネツィと呼ばれる通貨が使用されたが、これはソ連全体で言うところのソ連ルーブリと同じものであった。ウクライナ的なフリヴニャは排除され、多くは破棄された。

1941年から1944年のあいだナチス・ドイツによってポーランドからベラルーシ南ロシアにかけて建国された国家委員領ウクライナ(ライヒスコミッサリアート・ウクライナ)では、ソ連ルーブリにかわってカルボーヴァネツィが通貨単位として採用された。これは、ドイツの撤退と国家委員会の崩壊により廃止され、再びソ連ルーブリに戻された。

ウクライナの独立時代

ウクライナの独立により、1992年にソ連時代に使用されていたソ連ルーブリにかわって採用されたのがカルボーヴァネツィ(通称クポーン)であった。

ファイル:Hryvnia symbol.svg
フリヴニャのサイン

しかし、経済の混乱もありこの通貨は一時的単位に終わった。極度のインフレにより流通する通貨の桁は数万から10万にまでなり、1996年には新たな通貨単位フリヴニャへの転換が実行された。それまでの10万カルボヴァーネツィが1フリヴニャに換算され、切り替えは年内に実施された。これは、実質的なデノミネーションであった。なお、補助単位としては1992年よりコピーイカが用いられているが、ロシア系のこの単位のかわりにウクライナ系のシャーフを採用するという動きもあったが、実現されなかった。

2003年には、公募によりフリヴニャのサインが決定された(ページ冒頭の画像参照)。2004年ウクライナ国立銀行が、フリヴニャを示す綴りとして混同されていたгривня (hryvnia) とгривна (hryvna) の語源の公式調査に着手した。その結果、гривна (hryvna) が女性用の装飾品を示していたこと、そしてгривня (hryvnia) が中世に使われていた通貨単位であることが確認され、以後гривня (hryvnia) が、正式名称となった。

現在のUAHの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
fxtop.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD

紙幣・硬貨

流通している紙幣は、1、2、5、10、20、50、100、200フリヴニャの8種類。流通している硬貨は、1、2、5、10、25、50コピーイカ、1フリヴニャの7種類である。但し、紙幣には新旧大小等、同一価値のものでも数種類あるため、時折混乱のもとになっている。古い紙幣は嫌われ、あまりに古い場合は実質使用できなくなるため、ウクライナ人は手持ちの紙幣のうち古びたものから先に使おうとする傾向があるようである。

ときおり記念メダルも発行されているが、1フリヴニャのものが中心でありあまり高額のものは発行されていないようである。

硬貨

現在流通中の硬貨[2]
画像 価値 技術的特性 説明 初造幣
長径 (mm) 厚さ (mm) 重さ(g 合金
1
コピーイカ
16 1.2 1.5 ステンレス鋼 無紋 国章 価値 1992年
107px 2
コピーイカ
17.3 1.2 0.64ないし1.8 アルミニウム (1992–1996)
ステンレス鋼 (2001-)
148px 5
コピーイカ
24 1.5 4.3 ステンレス鋼 縦溝
10
コピーイカ
16.3 1.25 1.7 黄銅 (1992–1996)
アルミニウム青銅 (2001-)
縦溝 国章 価値 1992年
128px 25
コピーイカ
20.8 1.35 2.9 縦溝・無紋
140px 50
コピーイカ
23 1.55 4.2
1
フリヴニャ
26 1.85 7.1ないし6.9 銘: ОДНА ГРИВНЯ、造幣年

紙幣

第1版

初発行版[2]
画像 価値 寸法 (mm) 基色 説明
造幣年 開始
95px 95px 1
フリヴニャ
135 × 70 海松色 ヴォロディーメル1世 ヘルソネソスの遺跡 1992年 1996年9月2日
95px 95px 2
フリヴニャ
小豆色 ヤロスラウ1世 聖ソフィア大聖堂
95px 95px 5
フリヴニャ
藍色 ボフダン・フメリニツキー 聖イッリャ教会[3]
95px 95px 10
フリヴニャ
青紫 イヴァン・マゼーパ キエフ洞窟大修道院
95px 95px 20
フリヴニャ
鶯茶 イヴァン・フランコー リヴィウ・オペラ劇場

第2版

第二発行版[2]
画像 価値 寸法 (mm) 基色 説明
造幣年 開始
93px 93px 1
フリヴニャ
133 × 66 緑色 ヴォロディーメル1世 ヘルソネソスの遺跡 1994年 1996年9月2日
93px 93px 2
フリヴニャ
小豆色 ヤロスラウ1世 聖ソフィア大聖堂 1995年 1997年9月1日
5
フリヴニャ
藍色 ボフダン・フメリニツキー 聖イッリャ教会[3] 1994年
93px 93px 10
フリヴニャ
青紫 イヴァン・マゼーパ キエフ洞窟大修道院
93px 93px 20
フリヴニャ
茶色 イヴァン・フランコー リヴィウ・オペラ劇場 1995年
93px 93px 50
フリヴニャ
紫色 ムィハーイロ・フレシェーヴシクィイ 最高議会の議事堂 無記 1996年9月2日
93px 93px 100
フリヴニャ
深緑 タラス・シェフチェンコ (高齢) 聖ソフィア大聖堂
93px 93px 200
フリヴニャ
青色 レーシャ・ウクライーンカ ルーツィク城 2001年8月22日

第3版

第三発行版[2]
画像 価値 寸法 (mm) 基色 説明
造幣年 開始
83px 83px 1
フリヴニャ
118 × 63 利休鼠 ヴォロディーメル1世 ヴォロディーメル1世のキエフ 2004年 2004年12月1日
83px 83px 1
フリヴニャ
2006年 2006年5月22日
83px 83px 2
フリヴニャ
小豆色 ヤロスラウ1世 聖ソフィア大聖堂 2004年 2004年9月28日
83px 83px 5
フリヴニャ
藍色 ボフダン・フメリニツキー 聖イッリャ教会[3] 2004年6月14日
87px 87px 10
フリヴニャ
124 × 66 茜色 イヴァン・マゼーパ キエフ洞窟大修道院 2004年11月1日
91px 91px 20
フリヴニャ
130 × 69 緑色 イヴァン・フランコー リヴィウ・オペラ劇場 2003年 2003年12月1日
95px 95px 50
フリヴニャ
136 × 72 紫色 ムィハーイロ・フレシェーヴシクィイ 中央議会の議事堂 2004年 2004年3月29日
99px 99px 100
フリヴニャ
142 × 75 淡黄 タラス・シェフチェンコ (若齢) ドニプロ川とウクライナの琵琶法師 2005年 2006年2月20日
104px 104px 200
フリヴニャ
148 × 75 牡丹色 レーシャ・ウクライーンカ ルーツィク城 2007年 2007年5月28日
108px 108px 500
フリヴニャ
154 × 75 肌色 フルィホーリイ・スコヴォロダ キエフ・モフィラ大学 2006年 2006年9月15日

記号の符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20B4 - ₴
₴
フリヴニャ記号

脚注

  1. しばしばロシア語名(гривнаグリーヴナgrivna)に沿った表記でグリヴナあるいはフリヴナとも書かれるが、ロシア語はウクライナの公用語ではない。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 ウクライナ国立銀行 (2009年)
  3. 3.0 3.1 3.2 在スボーチウ村のボフダン・フメリニツキーの菩提寺

外部リンク

先代:
様々
キエフ大公国の通貨
11世紀 – 15世紀
次代:
様々
先代:
ウクライナ・カルボーヴァネツィ
ウクライナ人民共和国の通貨
1918年3月1日 – 1918年4月
次代:
ウクライナ・カルボーヴァネツィ
理由:クーデター
(1918年4月29日)
先代:
ウクライナ・カルボーヴァネツィ
理由:クーデター
(1918年12月14日)
ウクライナ人民共和国の通貨
1918年12月 – 1920年11月
次代:
ソビエト・カルボーヴァネツィ
理由:ソビエト占領
先代:
ウクライナ・カルボーヴァネツィ
理由:インフレーション
(1996年9月2日)

比率:1フルヴニャ = 100 000カルボーヴァネツィ
ウクライナの通貨
1996年9月2日 –
次代:
現在


カテゴリ:Currency signs