actions

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
Franz Joseph Haydn
基本情報
生誕 1732年3月31日
出身地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国下オーストリア大公国ローラウ
死没 1809年5月31日(満77歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
ジャンル 古典派音楽
活動期間 1740 - 1809

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエスターライヒ州ローラウEnglish版 - 1809年5月31日 ウィーン、但し遺体はアイゼンシュタット

オーストリアの作曲家。音楽愛好家の車大工の子。 1740年聖シュテファン大聖堂の合唱児童に採用されウィーンに移った。 1749年変声期を迎えて聖堂を出てからは,生活のための苦労をしながらもしだいに音楽家としての道を開き,1759年ボヘミアのモルツィン伯爵に楽長兼作曲家として仕えた。

1761年アイゼンシュタットのハンガリー貴族エステルハージ家の副楽長に就任。 1766年から 1790年まで楽長を務め,多くの作品を残した。その後ロンドンで2度演奏会を開いて好評を博し,晩年は恵まれた生活を送った。ウィーン古典派の最も重要な作曲家の一人であり,器楽曲形式,特にソナタ形式の確立に貢献した。作品は 108の交響曲,83の弦楽四重奏曲,オラトリオ『天地創造』 (1798) および『四季』 (1801) 。



楽天市場検索: