操作

フライング・フィッシュ・コーブ

フライング・フィッシュ・コーブ
セトルメント

Flying Fish Cove
The Settlement
位置
この地図ではセトルメント(The Settlement)と表記されている。の位置図
この地図ではセトルメント(The Settlement)と表記されている。
座標 : 東経105度40分41秒南緯10.42167度 東経105.67806度-10.42167; 105.67806
歴史
建設 1888年6月
行政
オーストラリアの旗 オーストラリア
 特別地域 テンプレート:CXR
 地区 フライング・フィッシュ・コーブ
セトルメント
人口
人口 2011年8月9日現在)
  地区域 1,347人

フライング・フィッシュ・コーブ(Flying Fish Cove、セトルメント地区、The Settlement)とはインド洋に浮かぶオーストラリアクリスマス島の中心地。クリスマス島北東岸の入江の湾に位置し、人口は1,347人(2011年国勢調査[1]

歴史

1886年イギリスジャック・マクレアがフライング・フィッシュ号で来島し、この入江にフライング・フィッシュ・コーブと名付けた。そしてジョン・クルーニーズ=ロス一族がココス諸島で材木などの供給を集めるために、1888年6月にフライング・フィッシュ・コーブの入江の湾に供給地を設置し、集落を築いた。さらに、海洋学者のジョン・マーレー博士が豊富なリン酸塩の資源を発見した事もあって、1891年マーレーとクルーニーズ=ロスはイギリス政府から99年間のリン鉱採掘権を与えられた。そしてリン酸塩の積荷は1895年に、1897年にクリスマス島リン鉱会社(Christmas Island Phosphate Company)がフライング・フィッシュ・コーブで設立された。リン酸塩の労働者としてシンガポール中国マレーシアなどから連れて来られた。1942年3月31日に日本軍の艦隊に攻撃された時、日本軍の潜水艦がフライング・フィッシュ・コーブでリン酸塩を降ろしていたノルウェーの貨物船を魚雷で攻撃し、沈めた事がある。

脚注