操作

フィリップス66

フィリップス66
Phillips 66 Company
種類 株式会社
市場情報 NYSE: PSX
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ヒューストン
設立 2012年コノコフィリップスより分離独立
業種 エネルギー
事業内容 石油・天然ガスの輸送および加工業務
原油、石油および化学品の供給や取引、精製、販売および輸送
外部リンク www.phillips66.com
テンプレートを表示

フィリップス66英語: Phillips 66)はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに本社を置く石油精製石油製品の販売会社である。ニューヨーク証券取引所上場企業であり、常時フォーチュン500会社でもある。

概要

フィリップス66は石油精製所も持ち、各地のガソリンスタンド(Phillips 66、76Conocoなど)を通して石油製品ガソリン潤滑油など)の販売を行なっている。

フィリップス66は1917年にフランク・フィリップス(Frank Phillips)が創業のフィリップス石油Phillips Petrolium)の事業として始まり、「Phillips 66」ブランドは1927年に新しいガソリンをアメリカ国道66号線でテストした際に毎時66マイルに達したといわれる時に始まっている。 [1]

2002年にフィリップス石油とコノコ石油Conoco)が合併してコノコフィリップス石油となる。2012年にコノコフィリップスの中位・下位事業がスピンオフされて、フィリップス66として分離独立。 [2] 現在ニューヨーク証券取引所上場会社(NYSE:PSX)となっている。なお分離時点においてコノコフィリップスはフィリップス66の株を所有していないためコノコフィリップスの子会社というわけではなく、それぞれ独立した企業となる。

所有ブランド

フィリップス66は以下のブランドを所有しており、それぞれ潤滑油ブランドおよび燃料(ケンドル除く)ブランドで用いられている。

なお2016年2月に同年7月1日より潤滑油ブランドをフィリップス66とケンドルに統合すると発表された。統合は潤滑油ブランドのみでフィリップス66、コノコ、76は燃料ブランドとして残される。

脚注

参照項目

外部リンク