actions

ピロメーラー

ファイル:Gardner-Philomena and Procne.jpg
ピロメーラーとプロクネー(エリザベス・ジェーン・ガードナー画)

ピロメーラーギリシア語Φιλομήλα, Philomela)は、ギリシア神話に出てくる人物で、アテーナイパンディーオーンゼウクシッペーの娘。姉にプロクネーがいる。長母音を省略してピロメラとも表記される。

神話

プロクネーは夫であるトラーキアテーレウスアレースの子)に、妹のピロメーラーをアテーナイから連れて来て欲しいと頼んだ。旅の途中、テーレウスはピロメーラーに欲情し、トラーキアに着くと、森の中の小屋にピロメーラーを連れ込み、強姦してしまう。

オウィディウスの『変身物語』では、ピロメーラーはテーレウスに対してこう言い放つ。「もう恥じてなどいない、私はこのことを広言する。機会があれば、人前で誰にでも言うつもりです。もしあなたがここに閉じこめるというのなら、森や岩を憐れみで動かします。天もそれを聞くでしょう、もし天に神がおいでなら神も私の言うことを聞かれるでしょう」。

その言葉にかっとなったテーレウスはピロメーラーの舌を切り、小屋に置き去りにした。

ファイル:Tereo.jpg
息子イテュスの首と向き合うテーレウス

口のきけなくなったピロメーラーはこの話をタペストリー(またはローブ)に織り込み、プロクネーに送った。プロクネーは復讐としてテーレウスとの間に生んだ自分の子イテュス(またはイテュロス)を殺し、それをテーレウスに料理として出し、テーレウスは気づかずにそれを食べた。事実を知った時、テーレウスは姉妹を殺そうとした。姉妹は逃げたがテーレウスは追いかけた。そして、三人はオリュムポスの神々によってに変身させられた[1][2]。また、三人を変身させたのはヘスティアーであるともいわれる[3]

多くの神話同様、この話にはいくつかのヴァージョンがある。古いものでは、ソポクレースはテーレウスは大きなくちばしのある鳥(という人もいる)に変身したとし、多くの作品がそれを受け継いだ。アリストパネースの『』などでは、テーレウスはヤツガシラに変身したことになっている。古いギリシアのものでは、プロクネーはサヨナキドリに変身し、子供を殺した事を後悔して、美しくも悲しい歌をうたう。ピロメーラーは歌わないツバメに変身する。オウィディウスやガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスアポロドーロス(さらにジョン・キーツイギリスロマン主義詩人たち)は、舌はないもののピロメーラーはサヨナキドリに、プロクネーはツバメに変身したとしている。それらの中には舌の切断をカットしたものもある。エウスタティオス(Eustathius of Thessalonica)の話は姉妹が逆になって、テーレウスの妻がピロメーラーになっていて、テーレウスはプロクネーに恋をする。イテュスに関しては復活させられてヒワに変えられたともいう[4]

「Procne(プロクネー)」と「Philomela(ピロメーラー)」は文学上でサヨナキドリ(ナイチンゲール)を指すことがある。ツバメ科のムラサキツバメ属は「Progne」である。「Philomela」は詩的に「Philomel」と略されることもある。

系図

テンプレート:パンディーオーンの系図

影響

パトロクロスの母ピロメーラー

ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスはアルゴナウタイの1人メノイティオスの妻で、トロイア戦争の武将パトロクロスの母をピロメーラーという名前の女性だとした。しかしアポロドーロスは該当する可能性のある人物として以下の3人を挙げている[6]

脚注

  1. アポロドーロス『ビブリオテーケー』III.14.8
  2. オウィディウス『変身物語』Vi.424-674
  3. シブサワ・コウ 『爆笑ギリシア神話』 光栄
  4. フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社
  5. Agamemnon by Aeschylus”. Greek Texts. . 2008閲覧.
  6. アポロドーロス『ビブリオテーケー』III.13.8

外部リンク