actions

ピューレウス

ピューレウス古希: Φυλεύς, Phȳleus)は、ギリシア神話の人物である。ドゥーリキオンの王。長母音を省略してピュレウスとも表記される。

エーリス地方の王アウゲイアースの子で[1][2]アガステネース[3][4]、アガメーデー[5]、エピカステーと兄弟[6]テュンダレオースの娘ティーマンドラー[7]オデュッセウスの妹クティメネー[8][9]、あるいはエウステュオケーを妻とし[10]メゲースとエウリュダメイアをもうけた。メゲースはヘレネーの求婚者の1人で[11][12]、後にトロイア戦争に参加した[13][14][15][10]。エウリュダメイアは予言者ポリュイードスの妻[8][16]

神話

アポロドーロスによると、父アウゲイアースとヘーラクレースが家畜小屋の掃除の報酬について取り決めをしたとき、ピューレウスはその証人になった。ヘーラクレースは約束どおり仕事をやり遂げたが、アウゲイアースは報酬の支払いを拒否し、また報酬を払う約束をしたことについても否定し、裁判で争ってもよいと言った。しかし法廷でピューレウスはヘーラクレースの味方をしたため、怒ったアウゲイアースによってエーリスから追放され、ドゥーリキオンに移住した[1]

この話はすでに『イーリアス』で断片的に語られている。すなわちピューレウスは父の(ヘーラクレースに対する)行いを怒って、ドゥーリキオンに移住したと[13]

パウサニアスも同様の話に加えて[2]その後日譚についても触れている。ヘーラクレースが報復のためにエーリスを攻撃して占領したさい、ヘーラクレースはピューレウスをドゥーリキオンから呼び寄せ、エーリスの王とした。しかしピューレウスはエーリスの国制を制定した後に、再びドゥーリキオンに戻り、エーリスは兄弟のアガステネースが後を継いだという[4]

その他、ピューレウスはアルカディアエケモスの妻だったティーマンドラーの気が狂ったとき、彼女をドゥーリキオンに連れ帰って妻としたこと[7]、エピュラーの王エウペテスから優れた武具を授かったことが知られている[17]

脚注

  1. 1.0 1.1 アポロドーロス、2巻5・5。
  2. 2.0 2.1 パウサニアス、5巻1・10。
  3. 『イーリアス』2巻。
  4. 4.0 4.1 パウサニアス、5巻3・3。
  5. 『イーリアス』11巻740行。
  6. アポロドーロス、2巻7・8。
  7. 7.0 7.1 ヘーシオドス断片247(エウリーピデースオレステース』249行への古註)。
  8. 8.0 8.1 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.211b。
  9. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.279a。
  10. 10.0 10.1 ヒュギーヌス、97話。
  11. アポロドーロス、3巻10・8。
  12. ヒュギーヌス、81話。
  13. 13.0 13.1 『イーリアス』2巻625行−630行。
  14. アポロドーロス、適用(E)3・12。
  15. クレータのディクテュス、1巻17。
  16. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.264a。
  17. 『イーリアス』15巻。

参考文献