actions

パンケーキ・デイ

パンケーキ・デイ: Pancake Day)は四旬節の初日である灰の水曜日の前日。

開催日

  • {{#invoke:Easter|Calculate|2016|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2017|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2018|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2019|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2020|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2021|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2022|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2023|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2024|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}
  • {{#invoke:Easter|Calculate|2025|method=Western|day=Shrove Tuesday|format=Y年 - n月j日}}

伝統

パンケーキは卵、牛乳、砂糖などの旨味豊富な食材を消費するので、四旬節に先立つ告解火曜日と結びつけられている。この後、四旬節の40日間は断食期間となるからである。典礼にのっとった断食においては簡素な食事をとり、楽しみとなるような食事は控えることが強調されている。多くの文化において、これは肉、乳製品、卵をとらないことを意味している。

カナダオーストラリア英国アイルランドニュージーランド聖公会信徒、ルター派、その他いくつかのプロテスタントの宗派、カトリックの間では、この日が「パンケーキ・デイ」として知られるようになり、デザートとしてパンケーキを食べることが習慣になっている[1][2][3]。とりわけ英国において、告解火曜日は伝統として維持されている。パンケーキ・デイは子供のテレビ番組でも毎年、取り扱われる行事である。

ニューファンドランド島では記念になる小物類をよくパンケーキに入れて調理する。こうした小物類は未来を占うとされており、小物探しは子供たちの楽しみになっている。例えば、硬貨をもらった者は金持ちになり、釘なら大工になったり、大工と結婚したりするということになる[4]

祝祭

イングランドでは地域コミュニティのお祭りとして、多くの町が伝統的な告解火曜日のモブ・フットボールの試合を行っていた。これは12世紀頃までさかのぼれるものである。この習慣は19世紀に公道法が通過した後はほとんどの場所でなくなってしまったが、これは公道でフットボールをすることが禁じられたためである。しかしながらかなりの数の町がこの伝統を維持している。ノーサンバーランドのアニック、ダービーシャーのアシュボーン(ロイヤル・アシュボーン・フットボールと呼ばれている)、ウォリックシャーのアザーストーン(ボールゲームと呼ばれている)、カウンティ・ダーラムのセジフィールド(セジフィールド・ボール・ゲームと呼ばれている)、コーンウォールのセント・コロンブ・メジャー(ハーリング・ザ・シルヴァー・ボールと呼ばれている)などがそうである。

告解火曜日はかつてイングランドで「半休日」として知られていた。この日は午前11時に教会の鐘で始まる[5]。パンケーキ・デイには「パンケーキ・レース」が英国中の町村で行われる。この伝統はオルニーの主婦がパンケーキ作りで忙しすぎたために教会が礼拝のため鐘を鳴らすまで時間を忘れていたことに起源を持つと言われている。この主婦はフライパンとパンケーキを持ったまま家から教会まで走ったという[6]。パンケーキ・レースは英国、とりわけイングランドで、今日までも比較的よく見受けられる祝祭的伝統として残っている。フライパンを持った参加者が、パンケーキを空中に放ってフライパンで受け取る動作をしながら通りを競走するのである。最も有名なパンケーキ・レースはバッキンガムシャーのオルニーのものであり、1445年から行われている[7]。競走者は伝統的には女性であり、フライパンを持って415ヤード(380メートルほど)のコースをゴールまで競走する。ルールは厳密で、競走者はエプロンとスカーフを着用し、パンケーキを出走時と完走時両方の時に放らなければならない。伝統的に、男性が参加したい時は男性は主婦の格好をせねばならない(通常、エプロンとバンダナをつける)。競走に続いて教会の礼拝がある[6]

1950年以来、カンザス州リベラルとオルニーの町の人々は「国際パンケーキ・デイ」のレースを二つの町の間で催している。二つの町の競走者は双方が測って調整したコースを競走する。二つの町の競走者のタイムが比較され、全体の勝者が決まる。2009年のレースの後の時点で、リベラルが34対25でオルニーに勝っている[8]。似たようなレースは東イングランド、リンカンシャーのノース・サマーコーツでも実施されている。

ノース・ヨークシャースカボローでは浜への交通が全てとまり、学校も早くおしまいになって、住民皆が縄跳び参加を呼びかけられる。伝統的には、長い縄が近くの港から使われている。町から委任されているチンドン屋(タウン・クライアー)がウェストボロー(大通り)とハントレス・ロウの角にあるパンケーキ・ベルを鳴らす。

ランカシャーのホワイトチャペルの村の子どもたちは今でも伝統を守っている。子どもたちは地元の家を訪ねて「パンケーキちょうだい」と頼み、オレンジやお菓子をもらう。この伝統は、農場労働者が富農や荘園主を訪問し、パンケーキやパンケーキの詰め物をもらおうと頼んだことに因んで始まったと考えられている[9]

ウェストミンスター・スクールでは、コックが15フィートのバー越しに放り投げる巨大な1個のパンケーキを生徒が奪い合い、最も大きな部分を手に入れる事を競う「パンケーキ乱闘(Pancake Greaze)」という行事が行われる[10]。この行事は1753年以来の伝統があり、勝者には賞金が与えられる。

フィンランドやスウェーデンでは、この日にはアーモンドペーストをつめたセムラを食べる。

パンケーキはウクライナやロシアでもこの季節のキリスト教の祭りで伝統的に食べられるものである。この祭りはマースレニツァと呼ばれている。

脚注

  1. Shrove Tuesday - Pancake Day!”. Irish Culture and Customs. . 17 November 2006閲覧.
  2. Pancake Day (Shrove Tuesday) in the UK”. British Embassy, Washington DC. 2007年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 17 November 2006閲覧.
  3. Easter in Australia”. The Australian Government Culture and Recreation Portal. 2010年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 17 November 2006閲覧.
  4. Newfoundland and Labrador Heritage”. . 8 March 2011閲覧.
  5. Cooks Guide
  6. 6.0 6.1 "The origin of pancake racing", BBC
  7. 2007 Pancake Race Video
  8. Liberal wins 60th Int'l Pancake race”. United Press International (UPI). . 30 April 2011閲覧.
  9. (7 February 2008), "Pancake traditions in village", Longridge News, accessed 2010-06-16
  10. "Health and safety diminishes Westminister School's annual Pancake 'Greaze'" - The Telegraph、2018年6月18日閲覧。

参考文献

ケン・アルバーラ『パンケーキの歴史物語』関根光宏訳(原書房、2013)。

関連項目

bat-smg:Ožgavienės lt:Užgavėnės