actions

ハワイアン航空


ハワイアン航空(ハワイアンこうくう、Hawaiian Airlines)は、アメリカハワイ州拠点とする航空会社である。

概要

ハワイ州ホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)をハブ空港とし、ハワイ州内のハワイ島ケアホレ・コナ国際空港ヒロ国際空港)、マウイ島カフルイ空港)、カウアイ島リフエ空港)を結ぶ島間路線(インターアイランド路線)、ホノルル・カフルイとアメリカ本土を結ぶ国内線、ホノルルと太平洋地域を中心とした国際線を運航している。

1984年から国際線にも進出し、2010年には日本路線に進出した。その後全日本空輸と業務提携してコードシェアなどの共同運航を行っていたが、2018年3月を目途に日本航空との業務提携に変更する。将来的に共同事業も検討する[1]

航空券の座席予約システム(CRS)はSABREを利用している [2]。アメリカ運輸省の調査でアメリカの航空会社として2003年より6年連続定時出発率1位となっている。2011年には、過去最高となる約867万人の旅客数を記録した[3]

創業以来90年近くにわたって死亡事故を一度も起こしたことがない。

歴史

保有機材

  • ボーイング社で振り分けられるハワイアン航空向けの顧客番記号(カスタマーコード)はCBで767-3CBERとなっている。
  • 機材には、それぞれハワイ州を中心にポリネシア地域に生息する鳥の名前がつけられている。
  • 2014年8月1日より、エアバスA330-200においてプレミアムエコノミークラス「エクストラ・コンフォート・シート」を導入予定[7]。座席数は従来のエコノミークラス内に40席配置[8]。2016年4-6月期(第2四半期)からは従来のプレミアムエコノミークラス「エクストラ・コンフォート・シート」を更に拡大し、ビジネスクラスにフルフラットを配備する機内へ変更を始め、新仕様機は全体席数が16席減の278席で、ビジネス18席、プレミアムエコノミー68席、エコノミー192席とプレミアムエコノミーの席数が28席増える配置になる[9]
  • 2008年にはエアバスA350-800を発注し2017年の導入を予定していたが、エアバスA330-200との互換性等からエアバスA330-800neoに変更した[10]。しかし、A330-800neoの発注は同社のみで2018年ボーイングから機種移行支援プログラムを活用した、競争入札プロセスの一環として787-9の提案を受け、A330-800neo6機の発注は取り消され、787-9を10機発注乗り替えしたとみられている[11]
  • 2017年5月1日に新塗装を発表[12]。先行してボーイング717の1機(機体番号:N488HA)を皮切りに、今後エアバスA321neoの導入を含めた新造機は新しい塗装で納入される。

運用機材

機材 保有数 発注数 座席数 備考
C Y
エアバスA321neo 3 13 16 173 189 アメリカ西海岸路線用、2017年以降順次導入中[15]
但し、採用エンジントラブルにより一時更新遅延
エアバスA330-200 24 - 18 260(Y+:68) 278 アメリカ本土・国際線用
プレミアムエコノミークラス「エクストラ・コンフォート・シート」(Y+)配備
エアバスA330-800neo - 6
(取消?確認中)
No data 国際線用、2019年以降順次導入予定[10]とされたが
787-9に乗替とみられている。
ボーイング717-200 20 - 8 120 128 ハワイ州内島間路線用
ボーイング767-300
ボーイング767-300ER
8 - 18 234
241
246
252
259
264
アメリカ西海岸・国際線用、順次退役中
ボーイング787-9 - 10 No data 2021年以降順次導入予定
55 確認中
オハナ
ATR 42-500 3 - 48 48
総計 52 26

退役機材

ファイル:McDonnell Douglas DC-10-10, Hawaiian Air AN0151671.jpg
マクドネル・ダグラス DC-10(2001年)

現在はエアバスを中心に新造機の導入を進めているが、以前はダグラスDC-8DC-9DC-10、L-1011の中古機材を導入することが多かった。L-1011退役後、アメリカン航空からDC-10-30を導入するが、アメリカン航空のベアメタルをベースに帯色はハワイアンのものに変えただけであった。

1960年代には、新造機の日本航空機製造YS-11を購入し島間輸送に就航させていた。その後島間輸送に就役してきたDC-9-51は殆ど欧米からの中古機材で、代替したボーイング717は半数は新造機だが、生産を中止したためオーストラリアから中古機材を調達している[16][17]

機材 保有数 運航年 備考
ベランカ CH-300 1 1929 - 1933 遊覧飛行に使用
シコルスキー S-38 4 1929 - 1942 水陸両用機
シコルスキー S-43 4 1929 - 1942
ダグラスDC-3 13 1941 - 1966
ビーチクラフト モデル 18 1 1947 - 不明 チャーター・訓練用機
コンベア340
コンベア440
コンベア640
13 1953 - 1973
ダグラスDC-6 4 1958 - 1969 ?
ビッカース バイカウント 2 1963 - 1964
日本航空機製造 YS-11 3 1966 - 1967
ダグラスDC-9-10 5 1966 - 1971 初となるジェット機の導入
ダグラスDC-9-30 12 1968 - 1975 ? ダグラス DC-9-50に置き換え
ダグラスDC-9-50 22 1975 - 2001 ボーイング717-200に置き換え
ショート 330 3 1978 - 1980
マクドネル・ダグラスMD-81 5 1981 - 1990 ダグラスDC-9-50に置き換え
デ・ハビランド・カナダ DHC-7 6 1981 - 1994
ダグラスDC-8-62
ダグラスDC-8-63
3 1983 - 1993 内、2機が-62
内、1機が-63
ロッキード L-1011 トライスター 5 1985 - 1994 マクドネル・ダグラスDC-10に置き換え
マクドネル・ダグラスDC-10 14 1994 - 2003 ボーイング767-300に置き換え

就航都市

国内線

島間路線

ハワイ州の島々を結ぶインターアイランド路線を運航。ホノルル及びカフルイから、コナ・リフエ・ヒロへの定期便が運航されている[18]。また、子会社オハナ('Ohana by Hawaiian)がエンパイア航空との間によって設立され[19]、ホノルルとモロカイ島・ラナイ島とを結ぶインターアイランド路線を運航。

  • ホノルル - カフルイ、コナ、リフエ、ヒロ
  • カフルイ - コナ、リフエ、ヒロ
オハナ運航路線
  • ホノルル - モロカイ、ラナイ
  • カフルイ - モロカイ、コナ、ヒロ

アメリカ本土路線

アメリカ西海岸の主要都市及びニューヨークからホノルルへ、一部はカフルイとも結ばれている[18]。2014年より、コナ・リフエとオークランド・ロサンゼルスを結ぶ路線を夏期季節便として運航予定。

  • ホノルル - ニューヨーク、シアトル、ポートランド(オレゴン州)、サクラメント、サンフランシスコ、オークランド(カリフォルニア州)、サンノゼ、ロサンゼルス、サンディエゴ、ラスベガス、フェニックス
  • カフルイ - シアトル、オークランド、サンノゼ、ロサンゼルス、ラスベガス
  • コナ - オークランド(季節便)、ロサンゼルス(季節便)
  • リフエ - オークランド(季節便)、ロサンゼルス(季節便)

国際線

ホノルルからアジアオセアニアを中心に運航[18]。とりわけ、日本路線が多いのが特徴である。

  • ホノルル - 東京/羽田、東京/成田、大阪/関西、札幌/新千歳、ソウル/仁川、北京/首都、シドニー、ブリスベン、オークランド(ニュージーランド)、タヒチ、サモア
  • コナ - 東京/羽田

提携

2014年現在[18][20]

  • ハワイアン航空および提携航空会社のマイレージ会員が相互にマイレージの獲得およびマイレージ利用航空券予約可能な航空会社
アメリカン航空中国国際航空チャイナエアライン大韓航空ジェットブルー航空ヴァージン・アトランティック航空ヴァージン・アメリカヴァージン・オーストラリア
  • 提携先航空会社のマイレージ会員のみマイレージの獲得およびマイレージ利用航空券予約可能な航空会社[21]
デルタ航空[注 1]ユナイテッド航空USエアウェイズ
  • インターライン・パートナーズ[18]
エミレーツ航空、ヴァージン・オーストラリア
  • 過去の提携先
アイランドエアー全日本空輸[22]

その他

  • 1941年12月7日、ハワイアン航空9便は真珠湾にて日本軍の攻撃を受け出火。銃弾の1つがコックピット内の消火器に命中し、鎮火。乗客乗員に怪我はなかった[23]
  • 1985年2月に、日本航空の「ハワイアンキャンペーン」の一環として、18名のハワイアン航空の客室乗務員が、日本航空の東京/羽田 - ホノルル線と大阪/伊丹 - ホノルル線に乗務した[24]
  • 2014年7月24日、東日本大震災によってオアフ島に漂着した岩手県下閉伊郡田野畑村の村営住宅の看板の返却を、ハワイアン航空441便仙台行を利用して無償輸送[25]。30日、田野畑村へ届けられた[26]
  • 2016年7月18日午前1時半ごろ、羽田空港ホノルル空港行き458便(乗員13名乗客280名、A330-243:N395HA:1993年11月受領)が太平洋上空を飛行中、計器表示に油圧低下を示す異常が出たため羽田空港に引き返し、C滑走路(RWY34R)に緊急着陸、着陸の際に主脚のタイヤ8本中4本がパンク、ほか4本も一部損傷して滑走路上で停止したため、乗客降機後、C滑走路はタイヤ交換(6本)や機体から漏れたオイルの洗浄などを行うために閉鎖され、同日午前10時45分に再開した[27]。乗客280名はハワイアン航空による代替機(1458便、A330-243:N380HA)によって18日20時過ぎに再度出発した[28]

脚注

注釈

  1. 2013年9月15日以前は相互に可能

出典

  1. “日航、ハワイアン航空を自陣に 全日空の提携先奪う”. 日本経済新聞. (2017年9月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21459680S7A920C1TJ2000/ . 2017閲覧. 
  2. Hawaiian Airlines Renews Commitment to Sabre Airline Solutions for Passenger Management; Hawaii's Largest Carrier Renews SabreSonic Suite, Adds Customer Care”. . 2015閲覧.
  3. Hawaiian Sets New Record with 8.67 Million Passengers in 2011 HawaiianAirlines
  4. ハワイアン航空の歴史 ハワイアン航空
  5. Hawaiian Airlines To Launch Manila Flights HawaiianAirlines(2007年8月28日)
  6. Hawaiian to Fly to the Big Apple HawaiianAirlines(2012年5月17日)
  7. Extra Comfort HawaiianAirlines
  8. ハワイアン航空、2014年6月1日から『エクストラ・コンフォート・シート』を導入 (PDF) ハワイアン航空(2013年10月30日)
  9. ハワイアン航空、A330に新ビジネスクラス 16年からフルフラット導入
  10. 10.0 10.1 Hawaiian to Add New Airbus A330-800neo to Fleet HawaiianAirlines(2014年7月22日)
  11. A330-800neo、767後継に照準「2番目に市場大きい」
  12. ハワイアン航空、新しいブランドロゴと機体デザインを発表 2017年5月2日 12:53
  13. ハワイアン航空運用中機材
  14. Hawaiian Airlines Current Fleet
  15. Hawaiian to Add Fleet of Long-Range, Single-Aisle Aircraft HawaiianAirlines
  16. ハワイアン航空退役機材
  17. Hawaiian Airlines Historic Fleet
  18. 18.0 18.1 18.2 18.3 18.4 Map of Hawaii Travel HawaiianAirlines
  19. Ohana by Hawaiian HawaiianAirlines
  20. Airline Partner Programs HawaiianAirlines
  21. Earn with Partner Airlines Hawaiian Airlines
  22. ANA、ハワイアン航空と2018年3月にコードシェア提携を解消へFly Team 2017年9月26日
  23. Fact Sheet ハワイアン航空:沿革・社歴 (PDF) ハワイアン航空(2010年5月)
  24. 「Contrail of JAL Group」日本航空刊 2001年
  25. ハワイアン航空 ホノルルから無償輸送 震災で漂着、村営住宅看板を 日刊CARGO(2014年7月28日)
  26. 村営住宅看板:津波にさらわれハワイ漂着 岩手に戻る 毎日新聞(2014年7月30日)
  27. 緊急着陸のハワイアン機パンク=滑走路閉鎖、欠航便も-羽田 時事通信 2016年7月18日閲覧
  28. 羽田空港、運用再開 ハワイアン機緊急着陸

外部リンク