actions

ハプログループD1a (Y染色体)

テンプレート:Infobox haplogroup ハプログループD-Z27276 (Y染色体)(ハプログループD-Z27276 (Yせんしょくたい)、: Haplogroup D-Z27276 (Y chromosome))、系統名称ハプログループD1aとは、分子人類学で用いられる、人類Y染色体ハプログループ(単倍群)の分類のうち、ハプログループDの子系統D1のサブクレード(細分岐)の一つで、「Z27276, Z27283, Z29263」の変異を持つタイプの子孫の系統である。

概要

ファイル:Haplogroup D (Y-DNA) migration.png
ハプログループDの移動想定経路

ハプログループD1aはチベット人の約49%[1]にみられる。日本人にも極僅かに観察される[2][3]日本列島に高頻度に分布するハプログループD1bの姉妹群であり、両者は約3.5~4万に分岐した[4]

系統樹

ハプログループDの分岐については2017年9月7日改訂のISOGGの系統樹(ver.12.241)による[5]

脚注

  1. Karafet, T. M.; Hallmark, B.; Cox, M. P.; Sudoyo, H.; Downey, S.; Lansing, J. S.; Hammer, M. F. (2010). "Major East-West Division Underlies Y Chromosome Stratification across Indonesia". Molecular Biology and Evolution 27 (8): 1833–44. doi:10.1093/molbev/msq063. PMID 20207712.
  2. Peter A. Underhill, Peidong Shen, Alice A. Lin, et al., "Y chromosome sequence variation and the history of human populations." Nature Genetics, Volume 26, November 2000.
  3. 3.0 3.1 JAPAN Y-DNA Project
  4. Shi, Hong; Zhong, Hua; Peng, Yi; Dong, Yong-li; Qi, Xue-bin; Zhang, Feng; Liu, Lu-Fang; Tan, Si-jie et al. (October 29, 2008). “Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations”. BMC Biology (BioMed Central) 6: 45. doi:10.1186/1741-7007-6-45. PMC 2605740. PMID 18959782. http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45 . November 21, 2010閲覧..  テンプレート:Open access
  5. Y-DNA Haplogroup D and its Subclades - 2017
  6. Y-DNA D Haplogroup Project

テンプレート:Y-DNA