actions

ハイチ革命

ハイチ革命(ハイチかくめい、:Révolution haïtienne, 1791年 - 1804年

西半球で起こったアフリカ奴隷の反乱の中でも最も成功した革命。これにより、自由黒人共和国としてハイチが建国された。革命が起こった時、ハイチはサン=ドマングと呼ばれるフランス植民地であった。この革命によって、アフリカ人とアフリカ人を先祖に持つ人々がフランスの植民地統治から解放されただけでなく、奴隷状態からも解放された。奴隷が世界中で使われていた時代に多くの奴隷の反乱が起こったが、サン=ドマングの反乱だけが成功し、全土を恒久的に解放できた[1]

ハイチは近代史の中で初めての黒人の共和国であり、フランスの植民地から直接自治に移行し、今日まで続いている。革命前は、奴隷所有者たちが作り上げた仕組みが多数派を支配する時における暴力と軍事力の有効性を示していた。この仕組みが革命後も生き残り、誕生したばかりの黒人共和国でも続いた。多数派の黒人農民に対し、肌の色の薄いムラートなどの少数派エリートが政治力も経済力も支配した[2]

歴史家は、1791年8月にボア・カイマンで、ブードゥー教の高僧デュティ・ブークマンEnglish版によって行われた特別の儀式が革命の触媒になったと指摘している[3]。しかし、実際には多くの複雑な出来事が起こり、それがアフリカ人奴隷の歴史において最も意義深い革命に繋がる舞台を用意した。

脚注

  1. Rogozinski 1999, pp. 85, 116–118, 133, 158, 164–167, 169.
  2. Haiti: Historical Setting”. . 2006閲覧.
  3. Prelude to the Revolution: 1760 to 1789”. 2007年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2006閲覧.

関連項目

外部リンク



楽天市場検索: