actions

ナーブルス

ナーブルス
نابلس
座標 : 東経35度16分44秒北緯32.22028度 東経35.27889度32.22028; 35.27889
行政
パレスチナの旗 パレスチナ
 地区 ヨルダン川西岸地区
  ナーブルス県
 市 ナーブルス
地理
面積  
  市域 28.6 km2
人口
人口 2014年7月1日現在)
  市域 146,500人
公式ウェブサイト : www.nablus.org

ナーブルスNāblusNābulusアラビア語: نابلسNāblus テンプレート:IPA-arヘブライ語: שכםŠəḵem)は、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区ユダヤ・サマリア地区)北部のナーブルス県の県都。 2014年の人口は14万6500人[1]ゲリジム山エバル山の間にある。 市内とゲリジム山麓の村にはサマリア人社会がある。 ユダヤ教の隠れた聖地の一つでもある。

人口

歴史

シェケム

ヘブライ聖書にはシェケムen:Shechem、シケム、シェヘム)として登場する。また、現代ヘブライ語でも、アラビア語でナーブルスに相当する地名をシェケムという。

ナーブルス

72年ティトゥス帝によりフラウィア・ネアポリス(Flavia Neapolis)と改称され、これが、ナーブルスという呼称の起源となった。ローマ帝国がこの地を治めたのち、イスラーム勢力が支配した。

1099年より十字軍による街の支配が90年近く続き、イスラム教徒、キリスト教徒、サマリア人などが街に同居した。1187年アイユーブ朝サラディンの軍隊がパレスチナ地区を支配すると、イスラムの戒律が再び整備され、後に続くマムルーク朝オスマン帝国へと引き継がれた。

第二次世界大戦後はヨルダンの統治下にあったが、1967年の第三次中東戦争よりイスラエルの統治下に移った。1995年のパレスチナ自治拡大協定によりパレスチナ自治政府のもとにおかれた。2003年、ナーブルスでハマス幹部がイスラエルに暗殺されたことは、イスラエル政府とパレスチナの対立を激化させた。

建築物

姉妹都市

関連項目

脚注

  1. City Populatation閲覧日:2017年1月22日

外部リンク

テンプレート:Palestine-stub