actions

トロイオンス

トロイオンス (troy ounce)
記号 oz tr,oz t, ozt(日本の計量法では oz)
ヤード・ポンド法(トロイ衡)
質量
SI 正確に 31.103 4768 g、(日本の計量法では、正確に 31.1035g)
定義 480グレーン
テンプレートを表示

トロイオンス(troy ounce)は、貴金属宝石の原石の計量に用いられるヤード・ポンド法質量単位であり、1トロイオンス = 正確に 31.103 4768グラムである。金衡オンス(きんこうオンス)ともいう。日本では、特殊の計量である「金貨質量の計量」にのみ限定して使用できる単位であり、その定義値がわずかに異なる(後述)。金の1トロイオンスはISO 4217ではXAUで表され、銀の1トロイオンスはXAGで表される。

記号

トロイオンスの単位記号は、oz tr、oz t や ozt が用いられる。ただし、日本の計量法が認めているのは、oz のみである[1]。なお常用オンスの、計量法における単位記号も oz であり、全く同一である[2]

定義

1トロイオンスは、480グレーンであり、1959年以降、正確に 31.103 4768グラムである。

これは、1958年に米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの6カ国の国際協定が締結され、1959年7月1日以降、1ポンドが正確に 0.453 592 37 キログラム、1グレーンが正確に64.798 91ミリグラムと定められた[3][4]からである。

常用オンス(437.5グレーン)が正確に 28.349 523 125グラムであるので、約9.7%重いことになる。トロイオンスは、貴金属)の計量に用いられるが、日本国内ではグラムキログラムも用いられる。

日本の計量法では、「金貨の質量の計量」に限定してトロイオンスの使用を認めている。ただし、計量法体系では上記の国際定義値の桁数を6桁に丸めて、31.1035グラムと定義している[5]

トロイオンスはヤード・ポンド法トロイ衡という単位系単位の一つであるが、トロイ衡の単位は現在ではトロイオンスしか使われていない。トロイ衡に対して通常使われるオンスポンドなどは常衡という。トロイ衡は、ウィリアム1世によるイングランド征服の時代にまで遡る。その名前は、中世において重要な商都であったフランス・シャンパーニュ地方の町トロワに由来する[6]

参照: トロイ衡

使用

金地金の取引について述べる。国際価格は「1トロイオンス/米ドル」で表示される[7]。一方、日本国内価格は「1グラム/日本円」で表示される。[8]

注釈

  1. 計量単位規則 別表第4(第2条関係)金貨の質量の計量、トロイオンスの欄
  2. 計量単位規則 別表第6(第2条関係)質量、オンスの欄
  3. Refinement of Values for the Yard and Pound Federal Register, July 1, 1959
  4. The Units of Measurement Regulations 1995 No.1804 SCHEDULE
  5. 計量単位令 別表第6項番5 「キログラムの〇・〇三一一〇三五倍」となっている。
  6. コルネリウス・ウォルフォード 『市の社会史―ヨーロッパ商業史の一断章』 中村勝訳、そしえて、1984年。ISBN 978-4881697504。
  7. 欧州市場の主要指標11時半 円109円台後半に大幅続伸、英株は反落”. 日本経済新聞 (2017年8月10日). 2017年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017閲覧.
  8. 金の取引単位、国際価格トロイオンスと国内価格グラム(筆者:横山利香)”. All About (2011年10月21日). 2017年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017閲覧.

関連項目