操作

トムとジェリー

トムとジェリー.jpg

Tom and Jerry

アメリカ漫画(アニメーション)映画のヒット・シリーズ。猫のトムに追われ、いじめられる鼠(ねずみ)のジェリーが、一転してトムをやっつけるという基本パターンに盛り込まれた、さまざまな反撃ギャグが見ものである。ときとしてサディスティックなまでのどたばたと対照的な、キャラクターの愛らしさが大いに受けた。元来は劇場用短編で、MGMで1940年から67年までに158本が製作された。

日本でも33本が上映されたが、人気が一般化したのは1964年(昭和39)のテレビ放映からである。

158本の内訳は製作順に、ウィリアム・ハナWilliam Hanna(1910―2001)とジョゼフ・バーベラJoseph Barbera(1911―2006)のコンビ演出が114本、ジーン・ダイチ10本、チャック・ジョーンズ21本、その他13本(リメーク、再編集版を含む)だが、ハナ&バーベラ作品が圧倒的におもしろく、アカデミー賞受賞の7本もすべてこのコンビのものである。