操作

テスト・クリケット

テスト・クリケット(Test cricket)はクリケットにおける試合の一種[1][2][3]国際クリケット評議会(ICC)に認定を受けた12のナショナルチームしか行うことができないという格式高い試合形式であり、テストという略称で愛されている[4]

最初の試合は1877年3月にメルボルン・クリケット・グラウンドで行われたオーストラリアイングランドであり、オーストラリアが45ラン差でイングランドに勝利した[5]

テスト認定チーム

ICCからの認定を受けた12チームは以下のとおりである。

試合ルール

試合は1日あたり6時間を5日かけて行い、初日の試合前にはコイントスで先攻/後攻を選択する。球数は無制限、ウィケットが10個とった場合はオールアウトとなり守備交代の2イニング制である。途中昼食に40分、お茶の休憩に20分を挟むことになっている。

脚注

  1. Lifeless pitches should not be accepted, The Telegraph. Retrieved 1 August 2009
  2. Knight's return to proving ground, Retrieved 1 August 2009
  3. Adam Gilchrist's Cowdrey Lecture, 2009, ESPNcricinfo. Retrieved 1 August 2009
  4. Rundell, Michael (2006). Dictionary of Cricket. London: A&C Black Publishers Ltd. ISBN 978-0-7136-7915-1. Retrieved on 17 October 2011. 
  5. Australia v England 1st Test 1876/1877ESPNcricinfo

参考文献

  • Ground Rules – A Celebration of Test Cricket, Barney Spender & David Gower, Dakini Books Ltd (Nov 2003), ISBN 0-9537032-6-6
  • The Wisden Book of Test Cricket, Sir Donald Bradman (Foreword), Bill Frindall (Editor), Headline Book Publishing (1995), ISBN 0-7472-1118-3
  • Marylebone Cricket Club (2003), The Laws of Cricket. Retrieved 2009-03-30.
  • International Cricket Council (2008), Standard Test Match Playing Conditions. Retrieved 2009-09-11.

外部リンク