actions

ダリー語


ダリー語アフガニスタン公用語の一つ。アフガン・ペルシア語とも呼ばれ、イランペルシア語タジキスタンタジク語とともに新ペルシア語の標準形のひとつ。なお、「ダリー語」という公式名称は1964年にアフガニスタン政府によって定められたものであり、それ以前は「ペルシア語」と呼ばれていた。

概要

イラン・ペルシア語やタジク語とは、発音・語彙を中心にいくらかの違いがある。ダリー語の発音はかなり保守的であり、初期新ペルシア語の音の区別を現在もほぼ完全に留めている(イラン・ペルシア語やタジク語では一部失われている)。

語彙の大半はイラン・ペルシア語と同じだが、ダリー語にはパシュトー語イラン語群に属するアフガニスタン系の言語)やウルドゥー語インド語群に属するパキスタン系の言語)からの借用語が多い。また、西欧語からの新しい借用語については、イラン・ペルシア語ではフランス語由来の語が多いのに対し、ダリー語では英語由来のものが多い。

言語名別称

  • アフガン・ペルシア語(Afghan Persian)
  • East Farsi[1]
  • Farsi
  • Parsi
  • Persian
  • Tajik
  • Tajiki

脚注

  1. Farsi, Eastern”. LL-Map. . 2014閲覧.

関連項目

外部リンク

テンプレート:Incubator