actions

ダブル・オーレコード

Oo RECORDS(ダブル・オーレコード)は、かつて存在したソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) 傘下の音楽ソフト制作会社およびレコードレーベル。ロゴはOoの一筆書き

1994年設立。SME副社長やSMEアクセル社長などを歴任した稲垣博司が代表取締役[1][2]を、ミュージシャンの大瀧詠一が取締役を務めた。1997年には法人としての活動を停止し、Sony Recordsのレーベルとなった[3][4]。レーベルとしては1998年5月に発売された鈴木蘭々のシングル『キミとボク』(SRDL-4484)まで用いられている。

かつて所属していたアーティスト

レーベル

関連項目

脚注

  1. 第2回 稲垣 博司 氏”. Musicman-NET. . 2011閲覧.
  2. その後、稲垣はワーナー エンターテイメント ジャパン社長、エイベックス・グループ・ホールディングス取締役などを務めた。
  3. ダブル・オーの規格品番はアルバムが「OOCO-xx」、シングルが「OODO-50xx」であったが、1997年10月までにはすべてSony Recordsの品番(アルバムが「SRCL-xxxx」、シングルが「SRDL-xxxx」)に変わった。
  4. なお、法人活動停止後のレーベル名表記は『Sony Records/Sony Music Entertainment(Japan) Inc.』であったが、後に『Oo Records/Sony Music Entertainment(Japan) Inc.』の表記に戻された。
  5. 5.0 5.1 Sony Recordsの品番になってからのリリース