操作

タレス

タレスタレース古希: Θαλής: Thalēs紀元前624年頃 - 紀元前546年頃)

ギリシアの政治家,哲学者。七賢人の一人。いわゆるピュシオロゴイ (自然学者) の先駆者,イオニア学派の開祖として「哲学の父」と呼ばれる。彼は万物の原理 (アルケ ) を水に求め,ほかの一切の事物はすべて水より自然的に生じると説いた。伝承によれば,天文学の創始者,幾何学の導入者でもあり,円が直径によって2等分されることなどいくつかの定理を発見したといわれる。また霊魂 (プシュケ) を宇宙全体を動かすものとして考えていたらしい。プラトンは俗事にわずらわされず研究に没頭する哲学者の典型をタレスに認めたが,アリストテレスはタレスを実際的な才覚の持主として伝えている。




Rakuten 楽天市場検索: