actions

セディ

Ghanaian cedi (英語)
ISO 4217
コード
GHS
中央銀行 ガーナ銀行
 ウェブサイト www.bog.gov.gh
使用
国・地域
 ガーナ
インフレ率 8.1%
 情報源 The Bank of Ghana, 2011/12
補助単位
 1/100 ペセワ Ghana pesewa
通貨記号 GH (または GH¢)[1]
 ペセワ Ghana pesewa Gp[1]
硬貨 1, 5, 10, 20, 50Gp, GH1[1]
紙幣 GH1, 2, 5, 10, 20, 50[1][2]

セディ(Ghana cedi[1] 通貨記号:GH[1]; 通貨コード:GHS)は、ガーナ共和国の通貨単位である。紙幣などに書かれている記号はである。セディは現地語であるアカン語タカラガイ(ガーナでは昔タカラガイを通貨として用いていたことがある)の意。

補助通貨はペセワ (Pesewa) であり、1セディ=100ペセワ。

セディは1965年にガーナ・ポンドに代わって導入された。交換率は1ポンド=2.4セディ、100ペンス=1セディであった。

1967年に同じくセディとよばれる新通貨が再導入され、1新セディ=1.2旧セディであった。

2007年にデノミネーションが行われ、新セディが導入された。交換率は1新セディ=旧10,000セディ。


記号の符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20B5 - ₵
₵
セディ記号

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 ガーナ銀行 "Re-denomination of the Cedi." 2011/2/26 閲覧
  2. ガーナ銀行 "Banknotes of Ghana." 2011/2/26 閲覧
セディ(第1世代)
先代:
ガーナ・ポンド
理由:十進法化
比率:2.4セディ(第1世代) = 1西アフリカ・ポンド, or 1ペセワ = 1ペニー
ガーナの通貨
1965年7月19日1967年2月22日
次代:
セディ(第2世代)
理由:換金する際の利便性の向上と クワメ・エンクルマを通貨から排除するため
比率:1セディ(第1世代) = 1.2セディ(第2世代)
セディ(第2世代)
先代:
セディ(第1世代)
理由:換金する際の利便性の向上と クワメ・エンクルマを通貨から排除するため
比率:1セディ(第1世代) = 1.2セディ(第2世代) = 0.5西アフリカ・ポンド
ガーナの通貨
1967年2月23日2007年7月2日
次代:
セディ(第3世代)
理由:インフレーション
比率:1セディ(第3世代) = 10,000セディ(第2世代)
セディ(第3世代)
先代:
セディ(第2世代)
理由:インフレーション
比率:1セディ(第3世代) = 10,000セディ(第2世代)
ガーナの通貨
2007年7月3日
次代:
現在


カテゴリ:Currency signs