actions

セキ (愛媛県)

セキ株式会社は、愛媛県松山市に本社をおく印刷会社[1]

概要

上浮穴郡管生村(現在の上浮穴郡久万高原町)出身の関定(せき さだむ)が、1908年(明治41年)松山市に和洋紙店を開業、1912年(大正元年)に印刷業の関和洋紙印刷部を松山市萱町一丁目に兼営開始。以後、業容は拡大、1949年(昭和24年)株式会社へ組織変更、1952年(昭和27年)に長男の関宏成に社長を譲り、定は済生会病院の経営、保護司として公益活動に打ち込みむとともに私学の振興等に尽くし、「関奉仕財団」を設立した。その後、1988年に啓三が社長就任した。

かつての社名が「関洋紙店印刷所」であるように、洋紙の卸売も兼業しているのが特徴。CIを導入し、社名変更と併せて「S」をデザインしたライトブルーのシンボルマークを導入している。関連会社のエス・ピー・シーでタウン情報誌の発行や企画物・マルチメディア関連事業、出版事業を行っている。愛媛県内を中心とした官公庁をはじめとして、百貨店、金融機関、電力会社などの有力取引先を有し、業績は安定している。一般に最も目に触れるものとして、四国電力の広報誌「ライト&ライフ」の印刷を請け負っている。

事業所

沿革

グループ会社

社会貢献

先代が収集した日本画、洋画、彫塑等の美術品を収蔵した「セキ美術館」を松山市の道後温泉近くに開設し、一般に公開している。

脚注

  1. 現在は松山・東京の2本社制を採用している。

関連項目

外部リンク