操作

スポールブール

 スポールブール
統括団体 国際スポールブール連盟
起源 フランスの旗 フランス
特徴
カテゴリ 球技
ボール 専用真鍮球
テンプレートを表示

スポールブール(Sport-Boules)

ヨーロッパ、特にフランスイタリアで盛んな球技。ブール・リヨネーズ(Boule Lyonnaise)とも呼ばれる。「スポール」とはスポーツの意味、「ブール」はボールの意味で、いずれもフランス語。日本においては日本ペタンク・ブール連盟が統括する。

概要

全長27.5mのコート内で、小さい目標球(ビュット)に向かって金属製のボール(ブール)を転がし、自分のボールを相手よりもビュットに近づけたり、自分のボールを投げてほぼノーバウンドで相手のボールに当てて弾き飛ばし、相手ボールの方をビュットから遠ざけることで得点を競うのが原型である。またこれから派生し、ボールを投げてほぼノーバウンドで標的球に当てることを競う種目もある。

似たスポーツにペタンクがあるが、これはスポールブールやプロヴァンサルゲームをベースに1907年にフランスで考案されたスポーツである。

スポールブールの国際組織としては、1946年に設立された国際スポールブール連盟(Fédération Internationale de Boules)があり、現在は世界67ヶ国・地域が加盟している。日本は1983年から加盟しており、アジア加盟12ヶ国・地域を代表する国際スポールブール連盟アジア代表のポストを保有している。

また、スポールブールやペタンクなどは「ブールスポーツ」と総称され、この国際的組織で、国際スポールブール連盟の上部組織でもある世界ブールスポーツ連合(Confédération Mondiale des Sports de Boules)は国際オリンピック委員会(IOC)加盟団体である。スポールブールはオリンピック種目への格上げの動きがされている。オリンピックの補完的な競技大会であるワールドゲームズ(次回は2021年開催)の加盟種目となっている。

外部リンク




Rakuten 楽天市場検索: