actions

ジョージ・グレイ (第2代准男爵)

第2代准男爵サー・ジョージ・グレイ英語: Sir George Grey, 2nd Baronet, GCB, PC1799年5月11日 - 1882年9月9日)は、イギリスの政治家。

ヴィクトリア朝ホイッグ党自由党)政権下で閣僚職を歴任した。

経歴

1799年5月11日、初代准男爵サー・ジョージ・グレイEnglish版とその妻メアリー(旧姓ホイットブレッド)の長男としてイベリア半島の英領ジブラルタルに生まれる[1][2]。父ジョージは初代グレイ伯爵チャールズ・グレイEnglish版の三男であり、首相を務めた第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの弟にあたる[3]

オックスフォード大学オリオル・カレッジを卒業[4][2]1826年リンカーン法曹院で学び[2]法廷弁護士となる[4]

1828年10月3日に父の死により第2代准男爵位を継承した[2]1832年12月、デヴォンポート選挙区English版から選出されてホイッグ党(後の自由党)の庶民院議員を務めた[2]

1834年7月から11月にかけて第一次メルバーン子爵内閣で陸軍・植民地副大臣English版を務めた。1835年4月に第二次メルバーン子爵内閣が成立すると再び陸軍・植民地副大臣となったが、1839年2月には法務総監English版に転じ、さらに1841年6月からはランカスター公領担当大臣English版を務めた[2]

1846年7月に成立した第一次ジョン・ラッセル卿内閣には内務大臣として入閣。1847年にはアイルランド犯罪及び暴力法English版1848年には国事犯罪法English版を制定し、アイルランドの反政府運動取り締まりを強化した[2]。また1848年チャーティズム運動が高まると、軍隊を派遣したり、集会を禁止するなどしてその取り締まりにあたった[2]

1847年8月からは北ノーザンバーランド選挙区English版から選出されていたが、1852年7月の総選挙English版で落選。1853年1月にはモーペス選挙区English版から再び議席を得た[2]

1854年6月にはアバディーン伯爵内閣に植民地大臣English版として入閣[2]1855年2月に第一次パーマストン子爵内閣が成立すると内務大臣に転任する[2]

1859年に第二次パーマストン子爵内閣が成立するとまずランカスター公領担当大臣として入閣し、ついで1861年から再び内務大臣を務め、1866年まで務めた[4]

1868年に成立した第一次グラッドストン内閣への入閣は拒否し、1874年の総選挙の際に庶民院議員を引退した[2]

1882年9月9日ノーサンバーランドファラドンEnglish版の自宅で死去[2]

栄典

家族

1827年にアン・ソフィア・ライダーと結婚し、彼女との間に一人息子ジョージ・ヘンリー・グレイを儲けた。しかしジョージ・ヘンリーには先立たれ、その息子であるエドワードが准男爵位を継承した。エドワードは長期間にわたって外相を務め、初代グレイ・オブ・ファラドン子爵に叙される[4]

脚注

注釈

出典

  1. Lundy, Darryl. “Captain Hon. Sir George Grey, 1st Bt” (英語). thepeerage.com. . 2014閲覧.
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 Smith, David Frederick. “Grey, Sir George, second baronet” (英語). Oxford Dictionary of National Biography. . 2014閲覧.
  3. Lundy, Darryl. “General Charles Grey, 1st Earl Grey” (英語). thepeerage.com. . 2014閲覧.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 Lundy, Darryl. “Sir George Grey, 2nd Bt.” (英語). thepeerage.com. . 2014閲覧.

参考文献

外部リンク

無効なパラメータ
先代:
選挙区新設
デヴォンポート選挙区English版選出庶民院議員
1832年English版 - 1847年English版
同一選挙区同時当選者
エドワード・コドリントン(1839年まで)
ヘンリー・タフネルEnglish版(1839年から)
次代:
ジョン・ロミリーEnglish版
ヘンリー・タフネルEnglish版
先代:
アディソン・クレスウェルEnglish版
オサルストン卿English版
北ノーザンバーランド選挙区English版選出庶民院議員
1847年English版1852年English版
同一選挙区同時当選者
オサルストン卿English版
次代:
ロヴェイン卿
オサルストン卿English版
先代:
エドワード・ハワードEnglish版
モーペス選挙区English版選出庶民院議員
1853年 - 1874年English版
次代:
トマス・バートEnglish版
公職
先代:
ジョン・ショー・レフィーヴァーEnglish版
陸軍・植民地副大臣English版
1834年
次代:
ジョン・ステュアート=ウォートレイ閣下English版
先代:
ウィリアム・グラッドストン
陸軍・植民地副大臣
1835年1839年
次代:
ヘンリー・ラボシェールEnglish版
先代:
第4クラレンドン伯爵
ランカスター公領担当大臣English版
1841年
次代:
グランヴィル・サマセットEnglish版
先代:
サー・ジェームズ・グラハム准男爵
内務大臣
1846年1852年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
先代:
ウェルボーン・エリスEnglish版
(最後の在任者)
植民地大臣English版
1854年1855年
次代:
シドニー・ハーバート
先代:
第3代パーマストン子爵
 内務大臣
1855年1858年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
先代:
第4代モントローズ公爵English版
ランカスター公領担当大臣English版
1859年1861年
次代:
エドワード・カードウェル
先代:
サー・ジョージ・コーンウォール准男爵English版
内務大臣
1861年1866年
次代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
司法職
先代:
ウィリアム・セント・ジュリアン・アラビンEnglish版
法務総監English版
1839年 - 1841年
次代:
リチャード・レイラー・シールEnglish版
イギリスの準男爵
先代:
ジョージ・グレイEnglish版
第2代グレイ准男爵English版
1828年1882年
次代:
エドワード・グレイ