actions

ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ

ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ
Giovanni Pierluigi da Palestrina
基本情報
生誕 25x20px 教皇領パレストリーナ
死没 25x20px 教皇領ローマ1594年2月2日
職業 作曲家

ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナGiovanni Pierluigi da Palestrina, 1525年?-1594年2月2日

イタリアの作曲家。 1537年にローマのサンタ・マリア・マジョーレ聖堂の少年聖歌隊に加わっていたといわれる。 44年生地の大聖堂のオルガン奏者兼聖歌隊員に任命され,51年ローマのサン・ピエトロ大聖堂のジュリア礼拝堂の楽長に就任。 55年教皇パウルス4世の即位とともに,既婚を理由に教皇庁の礼拝堂を追われてサン・ジョバンニ・ラテラノ聖堂に移り,61年サンタ・マリア・マジョーレ聖堂の楽長となった。 65年ピウス4世から教皇庁礼拝堂作曲家の称号を受け,71年ジュリア礼拝堂の楽長に返り咲いた。ルネサンスの声楽ポリフォニーにおける純粋対位法の技法を基礎に調和のとれた「パレストリーナ様式」を確立。作品は 12巻のミサ曲集など宗教曲 500曲以上,イタリア語によるマドリガーレなどの世俗音楽 180曲以上。



楽天市場検索: