actions

ジャイアント馬場

ジャイアントばば、1938年1月23日 - 1999年1月31日

プロレスラー。本名馬場正平。 1955年に三条実業高校を中退し,プロ野球の読売ジャイアンツに投手として入団。のち大洋ホエールズに移籍するが,けがで退団。 1960年に力道山に誘われプロレスリングに転向。 2mをこえる身長を利した 16文キック,力道山譲りの空手チョップなどの得意技で大型新人として注目を集めた。力道山死後の 1965年に,インターナショナル・ヘビー級タイトルを獲得。中心選手として外国人レスラーとの名勝負を繰り広げ,同門のアントニオ猪木とともに人気スターとなった。

1972年に独立して全日本プロレスを旗揚げ,社長に就任して興行手腕を発揮した。海外の大物レスラーを次々に呼んで,タイトルマッチを行なうスタイルは,王道プロレスと呼ばれ,テレビのゴールデンタイムに進出するなどプロレスの全盛期を築いた。 NWA世界ヘビー級チャンピオンの座に3度(1974,1979,1980) ついた。死の1ヵ月前までリングに立ち続けた。