操作

シンガポール証券取引所

テンプレート:Infobox exchange シンガポール証券取引所(シンガポールしょうけんとりひきじょ、:Singapore Exchange)は、シンガポール共和国にある金融取引所。証券およびデリバティブを取り扱う。略称「SGX」。シンガポールはイギリスシンクタンクZ/Yenグループが発表する世界金融センター指数(Global Financial Centres Index, GFCI)によると世界第4位で国際金融取引が最も活発な都市国家のひとつである。

歴史

1999年12月1日、旧シンガポール証券取引所(SES, Stock Exchange of Singapore)とシンガポール国際金融取引所(SIMEX, Singapore International Monetary Exchange)の 2つの金融商品取引所が合併して誕生した証券取引所である。

2000年11月23日、SGXは、アジア太平洋地域においては初となる証券取引所「株式」を上場させた。SGXは、シンガポール・モルガン・スタンレー・キャピタル・インデックス(Singapore MSCI)及びストレーツ・タイムス指数(ST指数)の採用銘柄となった。

2006年9月25日、シカゴ商品取引所とSGXの2社でジョイント・ベンチャーとなるアジアン・デリバティブ取引所を創設した[1] 。しかし、2007年11月にCMEグループがSGXにアジアン・デリバティブ株式の50%を売却したことにより、アジアン・デリバティブ取引所で行われていた取引は、SGXに移管されることとなった[2]

2008年1月31日、SGXはフィリピン・ディーリング・システム・ホールディングス株式の20%を取得したことにより、同社を子会社化した[3]

2008年6月18日には、中華人民共和国北京市に事務所を開設した[4][5]

2010年1月末までに、シンガポール証券取引所には、774社が上場している。

取引時間

SGXの取引時間は、プレマーケティングの時間が午前8時30分から8時59分と17時から17時05分に設けられている[6]。本格的な取引は午前9時から午後0時30分及び午後2時から午後5時までとなっている[6]

日本企業の上場

上場する主な日本企業

上場廃止となった主な日本企業

脚注

外部リンク

  1. 転送 Template:FTSE STI constituents

テンプレート:Singapore-stub