actions

シュルレアリスム

シュールレアリズムから転送)

シュルレアリスム: surréalisme[1]: surrealism[2]

超現実主義。第1次世界大戦後,ダダの流れをくみながらその破壊的な性格を否定して建設的方向に転じた文学,美術の革新運動。ブルトンが 1924年に「シュルレアリスム宣言」を発表して,この運動を明確なものにした。この名称は,アポリネールの造語になるが,この運動の基盤にはフロイトとマルクスの思想がからみ合っている。すなわち,芸術作品から合理的,理性的,論理的な秩序を排除し,代りに無意識の表現を定着させることを意図し,そのことによって,失われた人間存在の全体性を回復しようとする人類救済の意志を蔵している。したがって,シュルレアリストは創作に際し,想像力,幻覚,妄想,夢,狂気,驚異に絶対的信頼をおき,それらを表現するためにオートマティスム (自動記述) やデペイズマン (違和効果) の技法を用いた。詩人ではボードレール,ランボー,ロートレアモン,ジャリ,アポリネール,画家では H.ボッシュ,アルチンボルド,ブレーク,ルドンらが先駆者とされる。ブルトン,アラゴン,エリュアールらの詩人が中心となって推進したこの運動は,25年に第1回のグループ展をパリで開催,アルプ,エルンスト,キリコ,A.マッソン,マン・レイらグループの加入者のほかに,ピカソ,クレー,ピエール・ロアなどの作品が展示された。その後にタンギー,ダリ,ピカビア,マグリット,ジャコメッティら多数が参加した。運動の中心はおもにパリにあったが,その影響は世界的であり,映画や商業美術など他の分野への影響も大きい。



楽天市場検索:


  1. フランス語発音: [sy(ʁ)ʁealism]
  2. 英語発音: [səˈri(ə)lɪz(ə)m]