操作

コンヤ

コンヤ
Konya
トルコの旗
位置
コンヤとコンヤ県の位置の位置図
コンヤとコンヤ県の位置
座標 : 東経32度29分北緯37.867度 東経32.483度37.867; 32.483
行政
トルコの旗 トルコ
 地方 中央アナトリア地方
  コンヤ県
 市 コンヤ
地理
面積  
  市域 ? km2
  市街地 38,000 km2
標高 1,016 m
人口
人口 (2009年現在)
  市域 1,220,795人
公式ウェブサイト : http://www.konya.bel.tr/

コンヤ (Konya) は、トルコの都市。コニヤとも表記される。

概要

トルコ内陸アナトリア地方の主要都市のひとつ。コンヤ県の県都で、2016年の人口は約122万人で、人口規模ではトルコ第6の都市である。

パウロキリスト教の布教に訪れたことで知られる都市イコニウム (Iconium) の後身で、西欧諸言語における伝統的な表記はConiaあるいはKonia(コニア)である。

2006年にコンヤ貿易センターに42階建てのセルジュークタワーが建設された。

2011年にはトルコ高速鉄道のアンカラ・コンヤ高速線の開業により、首都アンカラまで従来の鉄道では10時間以上掛かっていた所要時間が1時間30分に短縮された。将来は1時間15分で結ばれる計画となっている。自動車では両都市間はおよそ3時間で結ばれている。

歴史

フリギアリディアの時代から存在する都市で、アケメネス朝ペルシアアレクサンドロス大王の征服を経てセレウコス朝シリアの支配を受け、ギリシャ語ではイコニオン (Iconion) と呼ばれた。ペルガモン王国の後にローマ帝国に組み込まれ、初期キリスト教の舞台のひとつとなった。

パウロは弟1次伝道旅行の際、バルナバを伴って訪れた。その後何度か訪問した。かなりの人がキリスト教に改宗したが、ユダヤ人の激しい迫害があった[1]

パウロ書簡の一つガラテヤ人への手紙は、この地域を含む南ガラテヤ諸教会にあてたという説がある(南ガラテヤ説)。

その後も東ローマ帝国のもとでキリスト教都市として栄えるが、マラズギルトの戦いの後、アナトリアに侵入してきたトルコ人ムスリム(イスラム教徒)の侵攻にさらされ、1076年セルジューク朝の王族スライマーンによって征服された。まもなく、スライマーンの建設したルーム・セルジューク朝第1回十字軍によってニカイアを奪還された後、コンヤがかわって首都となるが、1097年ゴドフロワ・ド・ブイヨン1190年にはフリードリヒ1世によって一時的に占領された。

13世紀に入ると、ルーム・セルジューク朝は最盛期を迎え、東はアルメニアから南北は地中海黒海両岸に至るまでのアナトリアを征服し、対岸のクリミア半島にまで勢力を延ばすに至り、コンヤはその中心として繁栄を極めた。1237年カイクバード1世の死後、モンゴル帝国の侵攻を受けて衰退に向かったルーム・セルジューク朝が14世紀の初頭に断絶すると、かわってコンヤの南のカラマンに興ったカラマン君侯国の支配下に入り、その首都となる。14世紀末にオスマン帝国バヤズィト1世により征服されるがアンカラの戦いの後再びカラマン領となり、1466年に至ってカラマン君侯国がメフメト2世に征服されると、メフメトがアナトリア中部に建設したカラマン州の州都となった。

この間、1228年には中央アジアバルフ(現在のアフガニスタン北部)に生まれたイスラム神秘主義者ルーミー(メヴラーナ)がカイクバード1世の招請によってコンヤに定住、1273年に亡くなるまでコンヤで活動し、トルコを代表する神秘主義教団であるメヴレヴィー教団を開いた。コンヤにあるルーミーの墓廟はオスマン帝国期にはメヴレヴィー教団の道場に使われていたが、1927年ケマル・アタテュルク政権によって神秘主義教団が解散され、ルーミー廟は閉鎖された。廟は現在はメヴラーナ博物館として一般公開されており、宗教性を薄められた今もなおコンヤを代表する建造物である。この他、コンヤにはカイクバード1世の建立したアラエッディン・モスクやセリム2世のセリミエ・モスクなど多くのモスクがあり、アナトリア随一の宗教都市として繁栄したかつての姿を現在に伝えている。

気候

コンヤの気候資料
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 4.6(40.3) 6.7(44.1) 12.0(53.6) 17.4(63.3) 22.3(72.1) 26.9(80.4) 30.3(86.5) 30.3(86.5) 26.3(79.3) 20.0(68) 12.5(54.5) 6.2(43.2) 17.96(64.33)
平均最低気温 °C (°F) -4.1(24.6) -3.5(25.7) -0.1(31.8) 4.5(40.1) 8.6(47.5) 13.0(55.4) 16.3(61.3) 15.9(60.6) 11.4(52.5) 6.3(43.3) 0.7(33.3) -2.4(27.7) 5.55(41.99)
降水量 mm (inches) 34.7(1.366) 24.5(0.965) 25.9(1.02) 38.9(1.531) 41.1(1.618) 20.9(0.823) 8.9(0.35) 7.4(0.291) 13.6(0.535) 33.4(1.315) 37.8(1.488) 43.2(1.701) 330.3(13.004)
湿度 76 72 62 55 53 48 41 39 47 58 70 78 58.3
平均降雨日数 5 6 5 6 7 5 1 2 2 5 5 7 56
日照時間 96.1 126 189.1 207 266.6 312 347.2 341 288 220.1 150 93 2,636.1
出典#1: Devlet Meteoroloji İşleri Genel Müdürlüğü [1]
出典#2: Hong Kong Observatory [2]

姉妹都市

脚注

  1. 『新聖書辞典』107ページ

関連項目

外部リンク