操作

コサック

コサックウクライナ語: козак[1]哥薩克

ロシア語ではカザークと呼ばれる。「自由な人」「豪胆な者」を意味するトルコ語に由来する。元来はドネプル川下流域を活躍の舞台とする半独立的タタール人の一団をさした。 15世紀になるとロシアとポーランド・リトアニア (リトワ) 国家の抑圧,搾取を嫌って,多数の農民,手工業者が南方に逃れ,みずから「自由な人」すなわちコサックと称するようになった。彼らは周囲の封建国家,遊牧民などとの戦いの必要上,一種の軍事共同体を組織した。

15世紀末から 16世紀初頭,まずドン,ボルガ,ドネプル,ヤイクなどのコサック組織が,次いでザポロージエ,テレク,さらにシベリア・コサックなどが発生した。すでに 16世紀後半,ポーランド王はウクライナのザポロージエ・コサックの一部を登録コサックとして認めて特権を与え,国境警備などの軍事義務を課していた。しかし統制が強まるにつれ摩擦がふえ,17世紀中頃ボグダン・フメリニツキー下のウクライナ・コサックはポーランド王に反乱を起し,モスクワのツァーリに保護を求めたため,ウクライナにもロシア皇帝の権威が及ぶようになった。以後ロシア皇帝はコサックを国境警備や領土拡張,のちには国内の革命運動の鎮圧に積極的に活用することとなった。コサックは当初自治を認められていたが,17世紀後半になると削減されはじめ,ステンカ・ラージンK.A.ブラービンE.I.プガチョーフらのたび重なる反乱にもかかわらず,ついにはロシア皇帝の軍事勤務人の地位に落された。 20世紀初頭,ロシアにはドン,クバン,ウラルなど 12のコサックのボイスコ (軍管区) があり,1200万の人口を数え,そのうちコサックとしての特別の身分をもつ者は 500万人以上であった。ロシア革命後の内戦でコサックは赤軍,白衛軍に分裂して戦い,第2次世界大戦中には,古くからのコサック社会はソ連の新しい行政機構のなかに解消した。



Rakuten 楽天市場検索:



  1. コザークカザークコザックなどとも書かれる。(ウクライナ語: козак コザーク、複数形はкозаки コザクィーポーランド語: kozak コザーク、複数形はkozacy コザーツィロシア語: казак カザーク、複数形はказаки カザキー