actions

グライアイ

グライアイ古希: Γραῖαι, Graiai, : GraiaeもしくはGraeae)は、ギリシア神話に登場する3姉妹の怪物である。「老婆たち」の意。この名前は複数形で、単数形はグライア

海神ポルキュースとその妻ケートーの間に生まれた姉妹で[1][2]、グライアイはペムプレードー(「意地悪な」の意)、エニューオー(戦闘を好む)、デイノー(恐ろしい)を指す[3]ゴルゴーンの姉妹にあたり、ポルキュアスフォルキュアスともいう。

概要

グライアイは生まれたときから灰色の髪をしていたために、神々も人間も彼女たちをグライアイ(老婆たち)と呼んだ[4]。1つしかない歯と目を姉妹で共用しているとされる[3]。一説によれば白鳥の翼と胴体を持っていたとされる[5]オーケアノスのかなたのゴルゴーンの国の入り口にある岩屋に住んでいるとされる。

ヘーシオドスはグライアイはペムプレードー、エニューオーの2人とする[6]アポロドーロスはペムプレードー、エニューオー、デイノーの3人[3]ヒュギーヌスはペムプレードー、エニューオー、ペルシスの名前を挙げ、さらにペルシスの代わりにデイノーンを加えることがあると述べている[7]

# 名前 綴り(希) 綴り(羅) Hesi Ap Hy Hy
1 ペムプレードー Πεμφρηδώ Pemphrēdō
2 エニューオー Ἐνυώ Enȳō ○ 
3 デイノー
デイノーン
Δεινω
 
Deinō
Deinōn

 

4 ペルシス Persis

グライアイはヘルメースアテーナーの案内でやってきたペルセウスの訪問を受けた。ペルセウスはメドゥーサ退治のために必要なものがあったので(翼のあるサンダル、キビシス、ハーデースの帽子)、それを持っているニュムペーたちの居場所を聞くために立ち寄ったのである。彼女たちは当初は教えなかったが、たった1つしかない目をペルセウスに奪われてしまい、ニュムペーの居場所を教えるのと引き換えに取り戻した[3]。またペルセウスは自分のことをゴルゴーンに告げに行かせないために、奪った目玉をトリートーニス湖に投げ入れたともいう[8]

後世の影響

系図

テンプレート:ポントスの系図

脚注

  1. ヘーシオドス、270行-271行。
  2. アポロドーロス、1巻2・6。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 アポロドーロス、2巻4・2。
  4. ヘーシオドス、271行-272行。
  5. ロバート・グレーヴス、33話c。
  6. ヘーシオドス、273行。
  7. ヒュギーヌス、序文。
  8. ヒュギーヌス『天文論』2巻12話。

参考文献