actions

クスンダ語

クスンダ語(クスンダご、英語: Kusunda)はネパール中西部でわずかな話者によって話されている孤立した言語。最近になって詳細が明らかになってきた。2014年現在、話者数は3人である[1]

かつてはチベット・ビルマ語派に属すと考えられていたが、2005年にデイヴィッド・E・ウォッターズEnglish版よって孤立した言語であると発表された。インド・ヨーロッパ語族チベット・ビルマ語族がこの地に分布する前の古い言語と考えられている。

クスンダの子供はすでにクスンダ語を話さなくなり、ほぼ絶滅状態となっている。ブルシャスキー語との関係が研究されたりしているが、最近ではポール・ホワイトハウス(Paul Whitehouse)やメリット・ルーレンらがパプア諸語タスマニア語などとともに、インド・太平洋大語族に分類する見解を出している[2]

脚注

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ethno」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. テンプレート:Harvcoltxt

参考文献

外部リンク