操作

ギリシア正教

Greek Orthodox Church; Eastern Orthodoxy

公式には「正統カトリック教会」,一般には,東方正教会,ハリストス正教会,ギリシア正教会などと呼ばれる。ここでいうギリシアは,民族としての名称ではなく,ラテンに対してギリシア文化を表現する。したがって近代ギリシアにおけるギリシア正教会とは区別される。ローマ・カトリック教会とともに,現存最古の教会で,最初の7つの普遍公会議で定められた信仰と慣行を遵守する。

1054年,ローマコンスタンチノープルをそれぞれ中心として,キリスト教は東西に2つに分れ,東方は正 (統) 教会を主張した。その後,コンスタンチノープルを中心とする宣教によって,ロシア,バルカン諸国のキリスト教化が進み,ビザンチン帝国を背景に,ヘレニズム的色彩の強いキリスト教の伝統が移植された。今日,コンスタンチノープル (イスタンブール) ,アレクサンドリア,アンチオキア,エルサレムの四総大主教区が古代以来の伝統を継いで存在し,コンスタンチノープル総大主教がギリシア正教全体の名誉上の首長となっている。ローマ教皇の首位権を認めず,民族主義的傾向が強く,各地方の教会はおおむね自治的で,ロシア正教会はじめ多くの自立教会が連合体を形成している。