操作

キリスト教社会主義

キリストきょうしゃかいしゅぎ

christian socialism

キリストの教えと精神に基づいて,社会主義的な共同社会を実現しようという思想と運動。社会運動史的には 19世紀中期イギリスで産業資本主義の発達に伴う社会矛盾の進行に対して J.モーリス,J.ルッドロー,国教会牧師 C.キングズリーらが提唱。種々の労働者生活改善事業を行なった。おもなキリスト教社会主義者として,日本では安部磯雄,片山哲,賀川豊彦などがあげられる。また現代では,K.バルト,R.ニーバーなどが著名。

社会主義