actions

カリュドーン (ギリシア神話)

カリュドーン古希: Καλυδών, Kalydōn, ラテン語: Calydon)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してカリュドンとも表記される。アイトーリア地方の王アイトーロスとポルバスの娘プロノエーとの子で、プレウローンと兄弟。アミュターオーンの娘アイオリアーを妻とし、2人の娘エピカステー、プロートゲネイアをもうけた[1]。一説ではプレウローンの子で、クーレースと兄弟とされる[2]

カリュドーンはカリュドーンの猪狩りで有名なアイトーリア地方の都市カリュドーンの名祖とされる。娘たちのうち、エピカステーはアゲーノールの妻となり、ポルターオーン、デーモニーケーを生んだ。プロートゲネイアはアレースとの間にオクシュロスを生んだ[1]

系図

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
エペイオス
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
 
 
アイオリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
 
 
テスティオス
 
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
 
 
マルペーッサ
 
 
イーダース
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 


脚注

  1. 1.0 1.1 アポロドーロス、1巻7・7。
  2. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.221b。

参考文献