操作

オオムギ

大麦、学名 Hordeum vulgare

イネ科の越年草。原産地は中国大陸南西部といわれ,中国では数千年の栽培の歴史がある。大きな株になり,茎はよく分蘗 (ぶんけつ) して叢生する。高さ 1mぐらい。葉はコムギより幅が広く,緑白色でコムギのように先が垂れない。4~5月に穂を出し,小穂は長さ5~10cmの花穂の軸上に3個ずつ並んで密につき,上から見ると6列または4列になる。前者を六条オオムギH. vulgare var. hexastichon,後者を四条オオムギ H. vulgare var. vulgareという。日本でも栽培の歴史は古く品種が多いが,関西以西では六条オオムギ系が多い。四条オオムギ系は外国でおもに栽培され,日本では東北や北陸に限られる。穎果が成熟すると内穎から容易に分離するものがあり,ハダカムギと呼ばれる。押麦として米飯に混ぜるほか,発芽させた麦芽 (モルト) をビール,飴類の糖化剤,味噌などに用いる。茎は麦わらでストローや帽子などに使う。