操作

エリザベス2世

エリザベス2世(Elizabeth II、1926年4月21日 - )


フルネーム Elizabeth Alexandra Mary。ジョージ6世の長女。1936年伯父エドワード8世(ウィンザー公)の突然の退位により王位継承者となった。1947年11月20日,遠縁にあたる元ギリシア,デンマーク王族のフィリップ・マウントバッテン伯(エディンバラ公)と結婚。1948年11月14日長男チャールズ,1950年8月15日長女アン誕生。1952年2月6日オーストラリア,ニュージーランド訪問の途中,アフリカのケニアでジョージ6世の急死にあい,急遽帰国し,2日後王位継承を宣言,イギリス国王となった。次いで 1953年6月2日ウェストミンスター寺院で戴冠式を挙行。以後イギリス国王としての多忙な政務のかたわら,イギリス連邦だけではなく諸外国への公式訪問を数多く行ない,1975年5月日本を訪問した。この間 1960年2月19日二男アンドリュー,1964年3月10日三男エドワードが誕生し 3男 1女の母親となったほか,1977年11月アンの男児誕生によって初孫を得た。チャールズとダイアナの離婚後,特にダイアナが死亡した 1997年以降,王室に対する国民感情が悪化したことをうけ,今日的な開かれた君主制を提示しようと試みた。(ハノーバー朝