actions

エリクトニオス

エリクトニオス古希: Ἐριχθόνιος, Erichthonios)は、ギリシア神話の人物である。有名な人物が2人知られており、

がいる。以下に説明する。

アテーナイの王

この人物はアテーナイの神話的な王である。父は鍛冶神ヘーパイストスで、母は女神アテーナーとも、大地(ガイア)とも、あるいはアテーナイ王クラナオスの娘アッティスであるとも言われる。水のニュンペーのプラークテシアーとの間にパンディーオーンをもうけた。初代アテーナイ王ケクロプスと同じく上半身が人間で下半身がだったといわれる。

誕生

神話によるとアテーナーはヘーパイストスの工房に武器を鍛えてもらおうとやって来たが、その頃ヘーパイストスは妻のアプロディーテーにすっかり相手にされなくなっていたので、女神に欲情して迫ったが、アテーナーは拒んで逃げた。ヘーパイストスは不自由な足でアテーナーを追いかけた末に、女神の足に射精した。女神が精液を羊毛でふき取って大地に捨てると、大地は身ごもって1人の赤子エリクトニオスを生んだ。

別の話によると、ヘーパイストスは母ヘーラーが醜い自分を天から地上に投げ捨てたことをうらんでいたので、神々の椅子を作ったときヘーラーの椅子に罠をしかけておいた。そのためヘーラーが椅子に座るとヘーラーは縛り上げられて、天から宙吊りにされてしまった。ヘーパイストスはオリュンポスに連れてこられ、母を解放するかわりにどんな物でも得ることを要求し、認められた。それを見たポセイドーンはアテーナーと敵対していたので、ヘーパイストスにアテーナーを妻とするよう助言した。そこでヘーパイストスはアテーナーを得て、女神の部屋を訪れたが、アテーナーが拒んだので格闘になり、ヘーパイストスの精液は大地に落ち、そこからエリクトニオスが生まれたという。

ケクロプスの娘たち

アテーナーはこの子供を不死にしようと考え、1匹(あるいは2匹)の大蛇とともに箱の中に入れ、アテーナイ王ケクロプスの娘たち(パンドロソスヘルセーアグラウロス)に預けた。ところがヘルセーとアグラウロスは「中を見ないように」という女神の言いつけを破って箱を開き、大蛇によって殺された。あるいはアテーナーの怒りによって気が狂い、アクロポリスから身を投げて死んだ。

その後エリクトニオスはアテーナーによって育てられ、アムピクテュオーンを追放して自ら王となり、アクロポリスにアテーナーの木像を置いて、パンアテナイア祭を創始した。

系図

テンプレート:パンディーオーンの系図

トロイアの王

この人物はトローイアの王で、ダルダノステウクロスの娘バテイアの子、イーロスと兄弟。河神シモエイスの娘アステュオケーとの間に、トローイアの名祖であるトロースをもうけた。

イーリアス』によると、エリクトニオスは大変裕福で、3000頭の牝馬を持っていたが、北風神ボレアースが牡馬の姿となって交わり、12頭の優れた馬がうまれた。この馬たちは田畑を荒らすことなく穀物の上を飛び跳ねたり、また海上を自由に走ることが出来たという。

テンプレート:トロイアの系図

関連項目

参考文献

研究案内

  • B.Powell,Erichthonius and tha Three Daugthers of Cecrops,Cornell Studies of Classical Philology,1906