actions

エノキ


エノキ(榎、Celtis sinensis)は、ニレ科APG植物分類体系ではアサ科エノキ属落葉高木

形態・生態

雌雄同株で、高さは20m以上、の直径は1m以上になる。が多く、枝ぶりは曲がりくねっている。根元で数本に別れていることもある。樹皮は灰黒褐色。

互生し、長さ4-9cmの卵形又は長楕円形で、先は状にのびている。葉の質は厚く、縁は鋸歯状だが、先端まで葉脈が発達しておらず、丸みを帯びている。

には雄花雌花がある。葉と同時期(4月頃)に、葉の根元に小さな花を咲かせる。花の後ろに、直径5-6mmの球形の果実をつける。熟すと橙褐色になり、食べられる。味は甘い。

オオムラサキゴマダラチョウテングチョウヒオドシチョウエノキハムシタマムシホシアシブトハバチエノキトガリタマバエエノキワタアブラムシなど多くの昆虫の餌、食樹である。

分布・生育地

東アジアに分布する。国内では本州四国九州

人間との関わり

エノキの古名は「エ」であり、漢字の「榎」は夏に日陰を作る樹を意味する和製漢字である[1]

日本語「エノキ」の名の由来について、などの農機具に使われたからという説があるが、奈良時代平安時代初期には、「エノキ」の「エ」はア行のエ(/e/)、「柄(え)」やそれと同源の語とされる「枝(え)」の「エ」はヤ行のエ(/ye/)で表記されており、両者はもともと発音が異なっていたことが明らかなので、同源説は成り立たない。

建築用材家具材道具材薪炭などに使われる。木材の質はやや堅いが、強度はそれほど強くない。また、狂いが生じやすい。辺材心材の境が明瞭でない。風合いが似ていることから、ケヤキの代用とされる。

江戸時代には街道の一里塚として植えられた。野生の木も各地にたくさん見られ、地名や苗字(榎本など)となっている例も多い。

東京競馬場の第3コーナー内側に、俗に「大欅」と呼ばれる大木がある。数々の逸話があり、「欅ステークス」という名の特別競走まで開催されているが、実際は榎(エノキ)であって欅(ケヤキ)ではない。

エノキ属

エノキ属(エノキぞく、学名: Celtis)は、ニレ科APG植物分類体系ではアサ科)のの一つ。エノキ属は熱帯から温帯にかけて100ほどが知られている。

  • コバノチョウセンエノキ Celtis biondii
    • チュウゴクエノキ Celtis biondii var. holophylla
  • クワノハエノキ Celtis boninensis
  • トウエノキ Celtis bungeana
  • エゾエノキ Celtis jessoensis
    • ナガバエゾエノキ Celtis jessoensis f. angustifolia
    • カンサイエノキCeltis jessoensis f. hashimotoi
  • Celtis julianae
  • チョウセンエノキ Celtis koraiensis
  • コバノエノキ Celtis nervosa
  • アメリカエノキ Celtis occidentalis
  • コウトウエノキ Celtis philippensis
  • エノキ Celtis sinensis
    • シダレエノキ Celtis sinensis f. pendula
  • タイワンエノキ Celtis tetrandra

脚注

  1. 平井 信二 『木の大百科』 朝倉書店、1996年。

参考文献

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花1』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、300-303。ISBN 4-635-07003-4。

関連項目

外部リンク