actions

エウエーノス

エウエーノス古希: Εὔηνος, Euēnos, ラテン語: Euenus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してエウエノスとも表記される。同名の人物が複数存在しており、軍神アレースの子やセレポスの子が知られている。以下に順に説明する。

アレースの子

この人物はプレウローンの子アゲーノールの娘デーモニケーとアレースの子で、モーロス、ピュロス、テスティオスと兄弟。マルペーッサの父[1]

エウエーノスはマルペーッサの求婚者を戦車競走で負かしては殺し、その首を館に飾っていたが[2]、マルペーッサに恋をした英雄イーダース海神ポセイドーンから授かった有翼の戦車を駆り、マルペーッサをさらって逃げた。エウエーノスは戦車でリュコルマース河まで追跡したが、結局は追いつけずに絶望して自分のを殺し、河に身を投げて死んだ。それ以降、リュコルマース河はエウエーノス河と呼ばれるようになった[3]

系図

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
エペイオス
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
 
 
アイオリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
 
 
テスティオス
 
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
 
 
マルペーッサ
 
 
イーダース
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 


セレポスの子

この人物はセレポスの子で、ミュネース、エピストロポスの父。ミュネースはブリーセーイスの夫で、エピストロポスともにアキレウスに討たれた[4]

脚注

  1. アポロドーロス、1巻7・7。
  2. カール・ケレーニイ、邦訳p.120。
  3. アポロドーロス、1巻7・8。
  4. 『イーリアス』2巻。

参考文献