操作

ウルバヌス5世 (ローマ教皇)

ウルバヌス5世
教皇就任 1362年9月28日
教皇離任 1370年12月19日
先代 インノケンティウス6世
次代 グレゴリウス11世
個人情報
本名 Guillaume de Grimoald
出生 1310年
Flag of medieval France.svg フランス王国ジェヴォーダン、グリザック城(現ル・ポン=ド=モンヴェール
死去 1370年12月19日
教皇領 アヴィニョン
その他のウルバヌス

ウルバヌス5世(Urbanus V、1310年 - 1370年12月19日

フランス出身の教皇 (在位 1362~70) 。福者。本名 Guillaume de Grimoard。最大のアビニョン教皇,ベネディクト会士。 1352年オーセールのサンジェルマン,61年マルセーユのサンビクトルの大修院長。教皇として教会の改革,学問を奨励。 67年ローマに戻り,69年東ローマ皇帝ヨハネス5世をカトリックに受入れたが教会合同は実現せず,同年のペルジアの反抗,英仏戦争調停の意図などにより,廃虚となったローマから 70年9月アビニョンに帰還。祝日 12月 19日。



Rakuten 楽天市場検索: