actions

ウァレンティヌス (ローマ教皇)

ウァレンティヌスラテン語:Valentinus、800年頃 - 827年10月10日

ローマ出身の第100代教皇(在位 827.8.~9.)。教皇パスカリス1世(在位 817~824)のもとで助祭長(助祭)となった。善良で敬虔な人物として敬愛され,827年8月に教皇に選出された。この教皇選挙に非聖職者である貴族が参加していたのは,フランク帝国(神聖ローマ帝国フランク王国)の共同皇帝ロタール1世との間で 824年に成立した,ローマ憲章 Constitutio Romanaのなかで義務づけられていたためである。登位 1ヵ月後に亡くなり,治世についてはほとんど知られていない。



楽天市場検索: