actions

イノシトールトリスリン酸


イノシトールトリスリン酸: Inositol trisphosphate, IP3)は、イノシトールに3つのリン酸がエステル結合した化学物質[1]ジアシルグリセロールと共に、細胞シグナル伝達においてセカンドメッセンジャーの1つとして生体に利用されている。また、脂質メディエーターとしても使われる。

細胞膜に存在するリン脂質であるホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸ホスホリパーゼCによって加水分解されると、 IP3とジアシルグリセロールが生成する。このうち、比較的脂溶性の高いジアシルグリセロールは細胞膜の中に存在するのに対し、IP3は水溶性であるため細胞質に拡散する。

作用

IP3小胞体、または筋小胞体の膜にあるIP3受容体に結合、活性化し、カルシウムチャネルを開く。するとCa2+細胞質、または筋形質に放出される[2]

脚注

  1. 名称に含まれるトリス(tris)はリン酸基が3つあることを意味する接頭辞。
  2. Ferris CD, Snyder SH. IP3 receptors. Ligand-activated calcium channels in multiple forms. Adv Second Messenger Phosphoprotein Res. 1992;26:95-107. PMID 1329896

関連項目