actions

アルフレド・サイモン

獲得メダル
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

アルフレド・サイモン・カブレラAlfredo Simón Cabrera, 1981年5月8日 - )は、ドミニカ共和国サンティアゴ州English版サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴

プロ入りとマイナー時代

1999年フィラデルフィア・フィリーズと契約。当時はカルロス・カブレラ(Carlos Cabrera)という偽名を用いており、年齢も実際より2年若く偽っていた。

2004年になってプロフィール詐称が発覚。その後、フェリックス・ロドリゲスEnglish版とのトレードで、リッキー・レディと共にサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍した[1]

2006年のシーズン終了後にFAとなった。

2007年は、フィリーズ傘下のAAA級オタワ・リンクステキサス・レンジャーズ傘下のAAA級オクラホマ・レッドホークスでプレーした。

2008年ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだが、開幕前に解雇された。

メキシカンリーグ時代

その後、メキシカンリーグモンテレイ・サルタンズでプレーし、7勝2敗・防御率2.62という好成績を残した[2]

オリオールズ時代

メキシカンリーグでの活躍が評価され、ボルチモア・オリオールズと契約を結んだ。同年9月6日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。

2009年トミー・ジョン手術により、シーズンの大半を棒に振った[3]

2010年の前半戦はクローザーに抜擢され、17セーブを記録。しかし、終盤戦は上原浩治にクローザーの座を譲った。

2011年1月1日ドミニカ共和国で25歳の従兄弟を射殺し、17歳の弟も負傷させたとして逮捕される。サイモンは新年を祝って空に向かって発砲しただけだと主張したが[4]、約2ヵ月間拘留され、3月3日に200万ドミニカ・ペソ(約5万3333ドル)の保釈金で保釈された[5]。マイナーでの調整を経て、5月21日に制限リストから復帰[6]。オールスター後は先発として起用され、最終成績は4勝9敗・防御率4.90だった。シーズン終了後に改めてドミニカ共和国で審理が行われたが、11月8日に無罪判決を受けた[7]

レッズ時代

2012年4月3日ウェーバーシンシナティ・レッズへ移籍した。

2013年開幕前の3月に第3回WBCのドミニカ共和国代表に選出された[8]

2014年1月17日にレッズと150万ドルの1年契約を結んだ[9]。前半戦に、リーグ最多の12勝をあげた。好成績を残すもオールスターに選出されなかった。しかし、7月13日に同僚のジョニー・クエトの代替選手として選出された[10]

タイガース時代

2014年12月11日ジョナサン・クロフォードEnglish版エウヘニオ・スアレスとのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した[11]

2015年はタイガースで先発ローテーションに入り、自身初の完封勝利を含み且つ2年連続二桁勝利となる13勝を挙げた。しかし、ア・リーグワースト5位の105失点を喫し、防御率も5.05に終わるなど打ち込まれた。オフの11月2日にFAとなった[12]

レッズ復帰

2016年3月17日にレッズと1年契約を結んだ[13]。この年は右肩痛もあって防御率9.36と散々な成績で、9月には手術を受けることになった。オフの11月3日にFAとなった[14]

詳細情報

年度別投手成績

2008 BAL 4 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 59 13.0 16 4 2 0 2 8 2 0 10 9 6.23 1.38
2009 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 28 6.1 8 5 2 0 0 3 0 0 7 7 9.95 1.58
2010 49 0 0 0 0 4 2 17 1 .667 222 49.1 54 10 22 2 2 37 1 0 30 27 4.93 1.54
2011 23 16 0 0 0 4 9 0 0 .308 499 115.2 128 15 40 6 4 83 2 2 69 63 4.90 1.45
2012 CIN 36 0 0 0 0 3 2 1 1 .600 269 61.0 65 2 22 1 6 52 9 0 22 18 2.66 1.43
2013 63 0 0 0 0 6 4 1 6 .600 359 87.2 68 8 26 2 8 63 4 0 31 28 2.87 1.07
2014 32 32 0 0 0 15 10 0 0 .600 818 196.1 181 22 56 7 12 127 3 0 80 75 3.44 1.21
2015 DET 31 31 2 1 0 13 12 0 0 .520 820 187.0 201 24 68 1 8 117 14 0 112 105 5.05 1.44
2016 CIN 15 11 0 0 0 2 7 0 0 .222 298 58.2 89 15 31 2 8 39 3 0 64 61 9.36 2.05
MLB:9年 255 93 2 1 0 47 47 19 8 .500 3372 775.0 810 105 269 21 50 529 38 2 425 393 4.56 1.39
  • 2016年度シーズン終了時

記録

背番号

  • 58(2008年 - 2009年)
  • 55(2010年 - 2011年)
  • 31(2012年 - 2016年)

代表歴

脚注

  1. Scott Lauber (2006年12月9日). “"Hello, My Name is Simón (I Think)"” (英語). delawareonline. 2011年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2016閲覧.
  2. Alfredo Simon Stats, Bio, Photos, Highlights” (英語). MiLB.com. Minor League Baseball. . 2016閲覧.
  3. Injury Updates on Some Orioles Pitchers” (英語). The Washington Post. . 2016閲覧.
  4. Brittany Ghiroli (2011年1月4日). “Lawyer for O's Simon confident client is innocent” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  5. Nick Madigan (2011年3月3日). “Alfredo Simon's request to be released on bail granted” (英語). The Baltimore Sun. . 2016閲覧.
  6. D.J. Short (2011年5月21日). “Alfredo Simon to be activated from restricted list today” (英語). NBC Sports. . 2011閲覧.
  7. “Alfredo Simon acquitted in man's death” (英語). Associated Press. (2011年11月8日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/7208094/alfredo-simon-baltimore-orioles-cleared-manslaughter-charge . 2016閲覧. 
  8. 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2016閲覧.
  9. Mark Sheldon (2014年1月18日). “Reds avoid arbitration with Leake, LeCure, Simon” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  10. Manny Randhawa (2014年7月13日). “Simon's starting success gets All-Star nod” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  11. Jason Beck (2014年12月11日). “In separate deals, Tigers land Cespedes, Simon” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  12. Transactions | Detroit Tigers” (英語). MLB.com (2015年11月2日). . 2015閲覧.
  13. Mark Sheldon (2016年3月17日). “Simon returns to Reds on 1-year deal” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  14. MLB公式プロフィール参照。2017年2月2日閲覧。

関連項目

外部リンク

{{safesubst:#invoke:Anchor|main}}

テンプレート:2013 ワールド・ベースボール・クラシックドミニカ共和国代表