actions

アルフォンソ2世 (ナポリ王)

アルフォンソ2世(Alfonso II, 1448年11月4日 - 1495年12月18日)はナポリ王(在位:1494年 - 1495年)。ナポリ王フェルディナンド1世と最初の妃イザベッラの長子。

生涯

父の死により1494年に王位を継承したが、フランス王シャルル8世による侵攻(第一次イタリア戦争)はすでに目の前に控えていた。アルフォンソは教皇アレクサンデル6世に仲介を求め、教皇もシャルル8世にオスマン帝国を攻撃するよう説得したが、シャルル8世は無視した。結局、10月にシャルル8世は2万5千という同時代においては類を見ない大軍を率いて進軍し、翌1495年2月にはナポリ王国に到着。アルフォンソ2世はナポリ王位を長子のフェルディナンドに譲位して逃亡、同年12月メッシーナで死去した。

子女

アルフォンソ2世は1465年にミラノ公フランチェスコ・スフォルツァの娘イッポーリタ・マリーアと結婚した。2人の間には3子が生まれた。

2番目の妃トロッジャ・ガッゼラとの間には2子が生まれた。

先代:
フェルディナンド1世
ナポリ王
1494年 - 1495年
次代:
シャルル8世 (フランス王)
フェルディナンド2世

テンプレート:Italia-storia-stub