actions

アルバート・グレイ (第4代グレイ伯爵)

第4代グレイ伯爵アルバート・ヘンリー・ジョージ・グレイ英語: Albert Henry George Grey, 4th Earl Grey, GCB, GCMG, GCVO, PC1851年11月28日 - 1917年8月29日)は、イギリスの政治家、貴族。

1904年から1911年にかけてカナダ総督を務めた。英首相の第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの孫にあたる。

経歴

1851年11月28日ロンドンセント・ジェームズ宮殿で生まれる[1]。父は第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ(元首相)の次男である陸軍中将チャールズ・グレイEnglish版。母はその夫人キャロライン(第2代準男爵サー・トマス・ハーヴィー・フォークワーの娘)。アルバートは次男であるが、兄チャールズは1855年に早世している[2]

ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学し、マスター・オブ・ローズEnglish版(LLM)の学位を取得[1][3]

1880年から1885年にかけて南ノーサンバーランド選挙区English版から選出されて自由党所属の庶民院議員を務める。ついで1885年から1886年にかけてはタインサイド選挙区English版から選出される[3][1]1894年10月9日に伯父の第3代グレイ伯爵ヘンリー・グレイEnglish版から第4代グレイ伯爵の爵位を継承した[3][1]

南ローデシア行政官English版勅許会社の社長を経て、1904年からカナダ総督に就任し、1911年まで務めた[3][1]。総督として1906年から1908年にかけてはケベック市創設300周年記念行事に尽力した。1907年には日本皇族伏見宮貞愛親王を出迎え、その翌年にはケベックで皇太子ジョージ(後のジョージ5世)を出迎えている[4]。1907年には「演劇音楽グレイコンクール」を創設した[4]。総督官邸リドー・ホールEnglish版に総督用の書斎と温室を追加した[4]

1911年の退任後、イギリスへ帰国。王立植民地協会English版の会長などを務めた[4]

1917年8月29日に死去した[3][1]

栄典

爵位

  • 1894年10月9日、第4代グレイ伯爵(1806年創設連合王国貴族爵位)[3]
  • 1894年10月9日、第4代ホーウィック子爵(1806年創設連合王国貴族)[3]
  • 1894年10月9日、第4代ホーウィックのグレイ男爵(1801年創設連合王国貴族爵位)[3]

勲章

名誉職その他

家族

1877年にアリス・ホルフォード(庶民院議員ロバート・スタイナー・ホルフォードEnglish版の娘)と結婚し、彼女との間に以下の1男4女を儲けた[3]

  • 第1子(長女)ヴィクトリア・シビル・メアリー(1878-1907)
  • 第2子(長男)チャールズ・ロバートEnglish版(1879-1963):第5代グレイ伯爵位を継承。
  • 第3子(次女)シビル(1882-1966)
  • 第4子(三女)イヴェリン・アリス(1886-1971)
  • 第5子(四女)リリアン・ウィニフレッド(1891-1895)

脚注

注釈

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 テンプレート:Acad
  2. Lundy, Darryl. “Lt.-Gen. Hon. Charles Grey” (英語). thepeerage.com. . 2015閲覧.
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 Lundy, Darryl. “Albert Henry George Grey, 4th Earl Grey” (英語). thepeerage.com. . 2015閲覧.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 カナダ総督府. “The Governor General > Former Governors General > British > Earl Grey 1904-1911” (英語). . 2015閲覧.
  5. The London Gazette: no. 28166. p. 5894. 1908年8月11日。. 2015年3月13日閲覧.
  6. The London Gazette: no. 28544. p. 7700. 1911年10月24日。. 2015年3月13日閲覧.
  7. The London Gazette: no. 28265. p. 4953. 1909年6月29日。. 2015年3月13日閲覧.

参考文献

外部リンク

官職
先代:
リアンダー・スター・ジェームソンEnglish版
南ローデシア行政官English版
1896年1898年
次代:
ウィリアム・ヘンリー・ミルトンEnglish版
(南ローデシア首席行政官)
先代:
第4代ミントー伯爵
カナダ総督
1904年-1911年
次代:
コノート公
無効なパラメータ
先代:
ウェントワース・ボーモントEnglish版
エドワード・リドリーEnglish版
南ノーサンバーランド選挙区English版選出庶民院議員
1880年English版1885年English版
同一選挙区同時当選者
ウェントワース・ボーモントEnglish版
選挙区廃止
新設 タインサイド選挙区English版選出庶民院議員
1885年English版1886年English版
次代:
ウェントワース・ボーモントEnglish版
名誉職
先代:
第6代ノーサンバーランド公爵
ノーサンバーランド総督English版
1899年1904年
次代:
第7代ノーサンバーランド公爵English版
イギリスの爵位
先代:
ヘンリー・グレイEnglish版
第4代グレイ伯爵
1894年1917年
次代:
チャールズ・グレイEnglish版