actions

アルキメデー

アルキメデー古希: Ἀλκιμέδη, Alkimedē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアルキメデとも表記される。テッサリアー地方の都市ピュラケーの王ピュラコス[1]オルコメノスミニュアースの娘クリュメネーとの娘で[2]イーピクロスの姉[3]アイソーンと結婚し、イアーソーンを生んだ[4]。イアーソーンはアルゴー船の冒険で有名。

概要

アイソーンの妻をアルキメデーとしたのはレーロスのペレキューデース[5]ロドスのアポローニオスのほかにヒュギーヌスがこの説を採った。ただしヒュギーヌスはクリュメノスとクリュメネーの娘としている[6]。イアーソーンをはじめ何人かのアルゴナウタイがミニュアースの娘から生まれていることは、彼らがミニュアイ(「ミニュアースの子供たち」の意)と呼ばれたことの由来として語られている[7][6]。これに対してヘーシオドスポリュメーレー[8]アポロドーロスポリュメーデーアウトリュコスの娘[9])とした。

なお、ロドスのアポローニオスはアルゴー船がコルキスを目指してイオールコスを出港したとき、すでに夫アイソーンは死去しており、アルキメデーは人々とともにイアーソーンを見送ったと語っている[10]

系図

テンプレート:デーイオーンの系図

脚注

  1. ロドスのアポローニオス、1巻47行。
  2. ロドスのアポローニオス、1巻232行-233行。
  3. ロドスのアポローニオス、1巻45行-47行。
  4. ロドスのアポローニオス、1巻33行-47行。
  5. レーロスのペレキューデース断片(ホメーロス『オデュッセイア』12巻69行への古註)。
  6. 6.0 6.1 ヒュギーヌス、14話。
  7. ロドスのアポローニオス、1巻229行-233行。
  8. ヘーシオドス断片37(ホメーロス『オデュッセイア』12巻69行への古註)。
  9. アポロドーロス、1巻9・16。
  10. ロドスのアポローニオス、1巻251行-291行。

参考文献

関連項目